« NFL_CHECK | Main | RAIDERS IN 1976 (PART-1) »

MLB_期待膨らむ表現

 アメリカというと、スケールの大きな国、自由な国というイメージがありますよね。…MLBの選手の紹介記事を見ても、スケールの大きな感じがします。
 ナショナルズのA・ソリアーノ(Alfonso.Soriano)の記事では、50-40という言葉を使うんですね。そう、前人未到の50本塁打40盗塁に近い…という表現。既成観念では、40-40が、頭に浮かびますが、すでに、それを乗り越えた表現。そんな記録のラインを既に引いている感じがしますね。…うん、さすがに、早いというか、先見の目があるというのか。…なにか、期待も膨らむような表現ですね。…記録は常に塗り替えられる、新しい記録のラインが作られる、そんな感じもしますね。
 注目の記録と、気になる選手…。
 インディアンズのT・ハフナー(Travis.Hafner)が、シーズン40本塁打100打点100得点100四死球を達成した。J・トーミー(Jim.Thome)に次いで球団2人目。ここ2,3年、安定した成績。新しいスター。
 そして、最近のホームラン打者といえば、レッドソックスのD・オティーズ(David.Ortiz)。球団初のオールスター前に30本塁打を記録していた。そして、あと3本塁打で50本、J・フォックス(Jimmie.Foxx)の球団本塁打記録に並ぶ。
 まだまだ、いろんな記録が出てきそうですね。…ペナントレースも終盤。チームの優勝の行方も気になります。

|

« NFL_CHECK | Main | RAIDERS IN 1976 (PART-1) »

MLB」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« NFL_CHECK | Main | RAIDERS IN 1976 (PART-1) »