« カージナルスナリーグ制覇_1968年以来のWS頂上決戦 | Main | WS_タイガース勝利1勝1敗のタイ »

WS_カージナルス第1戦快勝

 World Series 第1戦
 Cardinals 7 - 2 Tigers

  World Seriesの開幕、下馬評ではTigers有利とのデータ。史上初の両チームの先発投手が新人。Justin Verlander(Det)(17勝),Anthony Reyes(Stl)(5勝)、Reyesの5勝はworld Series第1戦の先発としては史上最少勝数らしい。
 Tigersが1点を先制して、地元ということもあって流れがTigersに。しかし、Cardinalsの反撃、Scott Rolenの1発、Chris Duncanのタイムリー、あっという間に得点、でも、雰囲気は、まだなごやかなスタジアム。…Albert Pujolsの2ランで、スタジアムは静まりかえった感じ、流れがCardinalsへ。やはり、主砲の一発がムードを変えた。そして、中軸打者が追加点をあげる。Cardinalsの快勝。
  Rolenは、現役最高の三塁手と称される、Philadelphia時代、1997年新人王、2002年に移籍してきて主砲の座に。100打点をあげる強打者。守備は超一流。
 Pujolsは、現役最高の完成された強打者。新人から6年連続3割30本100打点100得点。すごい選手ですね。三冠王に最も近い選手。
 Reyesは、新人ながらよく投げましたね。次回も期待できそうですね。
 Tigersは、第2戦、ベテランKenny Rogersで勝利してタイに持ち込みたいところ。勝利の方程式、Joel Zumaya、Todd Jonesと継投したいところですね。どこからでも1発がでる豪快な打線に期待。

|

« カージナルスナリーグ制覇_1968年以来のWS頂上決戦 | Main | WS_タイガース勝利1勝1敗のタイ »

MLB」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« カージナルスナリーグ制覇_1968年以来のWS頂上決戦 | Main | WS_タイガース勝利1勝1敗のタイ »