« SPORTS GOODS | Main | NBA_オールスターゲーム »

NBA_記憶に残る試合

 バスケットボールのすごいプレーを見た最初の記憶は、そう、NBAの試合とは知らずに見た1979-80のFINAL。何戦目の試合かも覚えていない。やっぱり、アメリカのスポーツは凄い、そんな印象だった。あのスピードとジャンプ力、ロングシュートの華麗なことは、目に焼きついている。
 なにげなく、Los Angels Lakersを応援したような気がする。終始リードしていて、何処からでも得点が入って、ポイントゲッターはわからなかった。でも、いろんな選手が得点していて、チームは絶好調の感じにみえた。そして、凄い新人がいるのと、その選手の華麗な動きには魅了された。 相手は、Philadelphia 76ersで、得点王争いをしていたポイントゲッターの選手がいたので、その選手は目に留まった。何度も、注目して見ていた。
 そう、新人とは、Magic Johnson、ポイントゲッターとは、Julius Ervingだったんです。
 Johnsonは、18.0PPG、7.3APG(7位)、Ervingは、26.9PPG(4位)。
 他にも、Lakersは、Kareem Abdul-Jabberが、24.8PPG(6位)、Jamaal Wilkesが20.0PPGなど。
 76ersは、若きMaurice CheeksCaldwell Jonesが11.9RPG(4位)。
 このときのFINALは有名で、5戦でJabberが怪我をして、6戦はMagic Johnsonが、全ポジションを守って、42P、15R、7Aの獅子奮迅の大活躍でFINALを制覇。でも、ウル覚えなんですね。残念ながら。試合もこの1試合しか見ていない。

|

« SPORTS GOODS | Main | NBA_オールスターゲーム »

NBA」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« SPORTS GOODS | Main | NBA_オールスターゲーム »