« May 2007 | Main | July 2007 »

アニメ・メジャー_夢の舞台へ

 アニメ「メジャー」の第3シリーズ最終回「夢の舞台へ」。
 海堂の甲子園優勝、結局、海堂を相手に予選からいい勝負をしたは、吾郎のチームだけだった。そんなチームメートから夏祭りに誘われる。そんな優しいチームメート。そして、薫に今後を聞かれ、「足を治してプロに…。」と、答える吾郎。薫は「卒業したら、会えなくなる。」と言うが、吾郎には聞こえない、吾郎には、「プロになったら、最初のサインをもらう。」と言う。薫の女性らしい、でも、彼女らしい表現。
 その後、吾郎はプロからドラフトされると知る。ギブスが取れて、バッティングセンターで寿也に会う。寿也は、足のことでドラフトされないと思ったのか、吾郎が「ドラフトされる。」と言うと、お互いが「プロでの活躍」を誓い喜ぶ。この場面の寿也の心優しい会話。寿也は、吾郎の立場を察して吾郎から指名のことを聞くまで、自分のことを言わない優しさ。
 ジョー・ギブソンのインタビューを聞き、そして、FAXを貰い、真意を確認する。それは、「日本にいた頃の吾郎の父のライバル、その後、メジャーで300勝をあげたギブソンは、吾郎を小さい頃から知っていて、メジャーで、吾郎とマウンドで投げ合いたい。」。吾郎は、大リーグに興味を抱く。メジャー挑戦を考える。
 しかし、吾郎は心の中で、かっとうする。義父に反対される、母親は応援すると言ってくれるが。父の墓の前で、吾郎は、「わがままばかり」と思って、大リーグ行きを断念するが、その場で、義父に「俺達の子供なら、最高の場所で、戦ってこい。」と言われ、大リーグ行きを認めてもらう。ちょっと、義父の嫉妬心も、でも、上手く表現されている。
 アメリカに出発の日、ぎりぎりで、薫は空港で吾郎に会える。彼女の寂しそうな感じ、そう、遠くに行ってしまうから。吾郎は、薫に、「最後くらい笑った顔みせてくれよ。」と。薫も、寂しさをこらえて、「頑張れよ、プロになったサイン第1号の約束。」と言って送り出す。
 いつも希望を追いかける吾郎、そして、いつも挑戦者の吾郎。
 次のシリーズが楽しみですね。

| | Comments (0)

MLB_ビジオ、トーマス大台達成

 クレイグ・ビジオが史上27人目の3000安打を達成、フランク・トーマスが、史上21人目の500本塁打を達成。3000安打、500本塁打の次の達成選手は誰だろうか。

 Craig Biggioは、前日まで2997安打、今日一気に5安打して3000安打を達成、3002安打で史上26位の安打数。地元でのホーム11連戦の最初の試合で記録達成とは、さすがですね。5安打もすごいですね。チームも逆転サヨナラ満塁ホームランで勝ち。
 次の3000安打は、Barry Bondsが2896安打で可能性大。他には、Derek JeterAlex Rdriguez、若くて2000安打を超えているから、可能性大。
 Frank Thomasが、今季13号で、通算500本塁打を達成。でも、チームは負けて、退場処分まで。うん、残念ですね。Chicago White Soxのチームの個人打撃成績の記録を多くを持っている選手。ビックハートで有名。
 次の500本塁打は、たくさん候補がいますね。
 Alex Rodriguez 492本塁打
 Jim Thome 482本塁打
 Manny Ramirez 481本塁打
 Gary Sheffield 473本塁打

| | Comments (0)

MLB_中盤戦の話題

 MLBはインターリーグを終え、まもなく試合数も半分を迎える。オールスターもすぐ。チームでは、ボストン・レッドソックス、ロサンゼルス・エンゼルス、ミルウォーキー・ブルワーズの独走、今後の個人記録では、バリー・ボンズ、クレイグ・ビジオ、フランク・トーマスなど。

 Boston Red Soxが独走。投手陣の健闘が大きい。Josh Beckettが11勝1敗、Daisuke Matsuzakaも調子いまひとつながら、9勝。リリーフ陣の健闘、打線もあまり調子よくないが、得点が欲しいときに取っている感じ。
 Los Angeles Angelsも独走。投手陣、打撃陣ともに好調。チーム防御率はリーグ3位。打率はリーグ2位、ホームランは少ないが、ヒットで得点をあげる好調な打線。
 Milwaukee Brewersも独走。Prince Fielderら若手の成長が大きい。Ben SheetsFrancisco Corderoも安定している。
 他の地区は混戦模様。それに、ワイルドカード争いもおもしろそう。
 Barry Bondsは、通算749号、あと6本で記録に並ぶ。歴史的瞬間ですね。
 Craig Biggioは、現在2997安打、あと3本で3000安打。このあとの地元でのホーム11連戦で記録達成か。
 Frank Thomasは、通算499本塁打、あと1本で500号。史上21人目となる。

| | Comments (0)

アニメ、メジャー

 第25話「傷だらけのエース」は、感動的でしたね。
 吾郎の足を負傷しても、言葉に出さないで投げ続けるシーンは凄い。野球好きの性格が表れていますね。自分の責任を果たすために投げる吾郎。そう、自分のわがままに付き合ってくれたナインへの感謝もある。それには、海堂高校に勝って甲子園に行くしかない。そんな思いが美しく思える。
 親友の薫は、そんな負けそうな姿を見ていられないと、席を立つ。母の桃子も、同じ心境。でも、薫は、自分が見てやれないで、誰が見るのかと、再び、席に戻る。女性らしい一面もきれいな描写。
 ナインも、土壇場で、吾郎の思いに対し、自分の意志で野球がしたくてやってきたこと、ここまでチームを引っ張ってくれたこと、悔いのない高校の野球人生だったことを告げる、感動の場面。
 打者眉村の時、吾郎の父が現れたこと、これも、感動しましたね。再び、甦って、速球勝負で三振に取った。
 そして、ついに、倒れて、ボークでチームは負け。でも、海堂高校の勝ったという喜びはない。チームメートに肩を抱かれてマウンドを降りる吾郎。元僚友の寿也のことば、「吾郎君、戻ってきなよ、 絶対、足治して、またマウンドに戻ってきなよ。」は、優しい思いやり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MLB_トム・グラビン_296勝目

 ニューヨーク・メッツのトム・グラビンが、6月22日、先発して8回を1失点に押さえて勝ち投手。通算で296勝目をあげた。300勝まであと4勝と迫った。過去、300勝は22人。

 New York MetsTom Glavineが、6月22日、8回1失点の好投で勝利。今季6勝目。通算296勝(196敗)。300勝まであと4勝、史上23人目の達成目前。
 Tom Glavineは、Atlanta Bravesでもプレーしている。過去、651試合登板、651試合が先発、全試合で先発登板。これも、凄い記録ですね。Roger Clemensは、新人の年にリリーフを1回だけしています。
 タイトル等は、サイヤング賞2回、最多勝5回、20勝は3年連続を含め5回。20勝以上したシーズンは、必ず最多勝のタイトルを取っていますね。安定したコンスタントな成績を残しています。特に、サイヤング賞投票で、2位が2回、3位が2回。
 Greg MadduxJohn SmoltzBraves時代は、強力投手陣を形成。

 以下は、通算勝利数で、Glavineより上の選手。
 297勝 Bobby Mathews
 300勝 Lefty Grove
 300勝 Early Wynn

| | Comments (0)

MLB_ベーブ・ルース

 ベーブ・ルースは、「球聖」と称される。通算714本塁打、シーズン60本塁打という金字塔を打ち立てた。不滅の金字塔は破られたが、今でも、功績は多大なものである。

 Babe Ruthは、1914年から1935年までメジャー22年間の通算成績は、打率.342、本塁打714、打点2213、得点2174、首位打者1回、本塁打王12回、打点王6回。
 1916年、Boston Red Soxで、投手として、23勝12敗、防御率1.75で、最優秀防御率。9完封はリーグ1位。
 1917年、24勝13敗、防御率2.01。35完投はリーグ1位。
 1918年、13勝7敗、防御率2.22。打撃は、打率.300、11本塁打で、本塁打王。外野で59試合出場、計95試合で記録。
 1919年、9勝5敗、防御率2.97。打撃は、打率.322、29本塁打114打点で、本塁打王打点王。投手野手兼任で大活躍。2位の本塁打が10本なので、ダントツの記録。
 1920年、New York Yankeesで、打率.376、54本塁打137打点で本塁打王、打点王。
 1921年、打率.378、59本塁打171打点で本塁打王、打点王。
 以後、Lou Gehrigと脅威の3、4番コンビを形成、本塁打、打点を量産。
 1923年、打率.393は、チームのシーズン最高打率。
 1927年、60本塁打という金字塔を打ち立てる。
 1928年、54本塁打で、4度目50本以上。
 他、シーズン得点177、通算長打率.690も史上1位。
 功績は、本塁打の華、一発で得点できるダイナミックな試合に変貌。ブラックソックススキャンダルの汚名を、Ruthの本塁打が野球界の人気復活に貢献する。

| | Comments (0)

MLB_プリンス・フィルダー

 プリンス・フィルダー、ミルウォーキー・ブルワーズのニュースターの誕生。オールスターファン投票中間発表で一塁手部門で1位に。26本塁打でナリーグ本塁打部門で独走。ブルワーズに久々の大砲が出現。父のセシル・フィルダーは、阪神に在籍、大リーグでも活躍。

 Milwaukee BrewersPrince Fielderが、オールスターファン投票中間発表で一塁手部門で1位に。ファンの期待が大きいのですね。今季は、打率.289、26本塁打、56打点。(6月18日現在)本塁打は独走、打点王の可能性も。昨季は、打率.271、28本塁打、81打点と新人でパワーのあるところを見せた。今季は、本塁打打点のタイトルを取って、チームが地区優勝すれば、MVPも。
 父、Cecil Fielderは、Detroit Tigersで、1990年、51本塁打、132打点で本塁打打点の二冠王、1991年、44本塁打、133打点で本塁打打点の二冠王、1991年、124打点で打点王。史上3人目の2年連続本塁打打点の二冠王を記録。
 Brewersとしては、久々のスーパースター誕生。期待するタイトル。チームとしては、アリーグの時代以来になりますね。
 本塁打王は、Gorman Thomas(1982年)以来。
 打点王は、Cecil Cooper(1983年)以来。
 MVPは、Robin Yount(1989年)以来。
 本塁打打点の二冠王は、George Scott(1975年)以来。
 でも、チームとしては、ナリーグに移って初めての地区優勝、アリーグ時代でも成し得なかったワールドシリーズ制覇にも期待。

| | Comments (0)

MLB_ハンク・アーロン

 ハンク・アーロンは、「ルースの神話を超えた本塁打王」と称される。ベーブ・ルースの通算714本塁打を抜いて、通算本塁打755という金字塔を打ち立てた。

 Hank Aaronは、1954年から1976年までメジャー23年間の通算成績は、打率.305、本塁打755、打点2297、安打3771、得点2174、MVP1回、首位打者2回、本塁打王4回、打点王4回。本塁打、打点は通算では歴代1位。
 1956年、打率.328で首位打者。
 1957年、打率.322、44本塁打132打点で本塁打王、打点王。チームは、ワールドシリーズ制覇。
 1958年、打率.326、30本塁打95打点。ナリーグ制覇するも、ワールドシリーズ敗退。
 1959年、打率.355で首位打者。
 その後も活躍、3割以上が5年連続を含め14回、本塁打は、20年連続20本以上、30本以上15回、40本以上8回、打点は、100打点以上が5年連続含め11回。得点は、100得点を13年連続を含め15回、安打数も、223安打を最高に200安打以上3回。
 1973年、40本塁打で、通算713本塁打。
 1974年、対Cincinnati Reds、開幕戦、第1打席で714号を打ち。
 1974年、対Los Angels Dodgers、地元開幕戦、試合の第2打席、715号を打つ。

| | Comments (0)

NBA_スパーズ4度目のファイナル制覇

 NBAのファイナル第4戦は、スパーズがキャバリアーズを下して4連勝で、4度出場で4度目のファイナル制覇。キャバリアーズは、本来のプレーができずに敗退。スパーズ王朝の時代と言えそう。

 San Antonio Spursは、終始リード、4Qに、逆転されるが、最後の終盤に逃げ切った。シリーズを通して、デフェンスは従来通り機能して、思い通りのゲーム運びだった。
 Spurs王朝の時代と言えそう。ここ9年間、WEST制覇4回、ファイナル制覇4回。ここ10年間で、WEST決勝進出5回、プレイオフ1回戦突破が9回。
 Tony Parkerが、MVP、オフェンスの中心となって、チームを終始リードした。
 Tim Duncanも、オフェンス、デフェンスに貢献。MVP級の活躍。
 Cleveland Cavaliersは、3Qの終盤から4Qにかけて、連続得点で一時は逆転するも、最後は敗れた。
 LeBron Jamesは、シリーズを通して、マークがきつく、思い通りのプレーが出来なかった。今回の経験で、また、成長したプレーヤになることを期待。チームとしては、あと一人、スコアラーが欲しいところ。
 Phoenix Sunsは、ファイナルを制覇してもいいほどの実力。あえて言えば、デフェンスが課題か。
 Dallas Mavericksは、プレイオフ1回戦の敗退が残念。今期は、ファイナル制覇に一番近いチームに思えた。苦手チームを作らない、どんなタイプのチームにも対応できるシステム作りが必要か。
 Miami Heatは、2人のスターが完全な調子ではなかったことが惜しまれる。チームはベテランが多いので、来期は高齢化がすこし心配。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NBA_エースNOは33番

 NBAのエースNO、バスケットのエースNOは、33番と言われている。過去、カリーム・アブドゥル・ジャバー、ラリー・バード、スコッテイ・ピッペン、パトリック・ユーイング、アロンゾ・モーニング等。

 バスケットのエースNOは、33番と言われる。偉大な選手が着けていた。各選手を簡単に紹介。

 Kareem Abdul Jabbar
 Lakers等で活躍。「生きる伝説」と言われる。NCAAでは、UCLAで3年連続NO1。NBAでは、通算得点38387は歴代1位、新人王、ファイナル制覇6回、MVP6回、得点王2回、リバンド王1回、ブロックショット王4回など。Bucksでは、Jabbarの力で創設3年でNBAファイナル制覇の最短記録。

 Larry Bird
 Celticsで、EASTの名門を復活させ、王朝時代に。NBAでは、通算得点21791、新人王、ファイナル制覇3回、MVP3回、オールファーストチーム9回、FT成功率1位4回。NBAを復興させた功労者。

 Scottie Pippen
 BullsJordanと組んだ、史上最高のオールラウンドプレーヤー。ファイナル制覇6回、オールファーストチーム3回、オールデフェンスファーストチーム3回、スティール王1回。

 Patrick Ewing
 Knicksの黄金時代のセンター。キングコングの愛称、脅威のセンター。新人王、オールファーストチーム1回。ファイナル出場1回、ファイナル制覇できず。20得点10リバンドと成績は残すも、当時、センターの黄金時代でタイトルは少ない。

 Alonzo Mourning
 素晴らしい万能センター。20得点10リバンドは残す。最優秀デフェンスMVP2回、ブロックショット王2回、オールファーストチーム1回、ファイナル制覇1回。

 Grant Hill
 貴公子。NCAAでは、4年間で3回ファイナル4進出の経歴。新人王、オールファーストチーム1回。得点、アシスト、リバンドで上位の成績、オールラウンドプレーヤー。当時のトリプルダブルのリーダー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MLB_インディアンスの全盛期

 今季好調のクリーブランド・インディアンス。地区優勝なるか。インディアンスの全盛期は、1995年100勝44敗で地区優勝してから地区5連覇の頃。当時、アルバート・ベル、デビット・ジャスティス、そして、今、大活躍している、マニー・ラミレス、ジム・トーミ、ケニー・ロフトンなど、まさに、選手の宝庫ですね。

 1995年、短縮シーズンながら、100勝44敗で地区優勝。その後も、1999年まで5連覇。そして、2001年も地区優勝。まさに、黄金時代でした。打撃陣は脅威の打線。当時のメンバーは、以下の通り。まさに、選手の宝庫。

 Albert Belle
 当時のスラッガー。怪我で若くして引退したが、通算打率.295、381本塁打、1239打点。1989年から1996年在籍。1995年、打率.317、50本塁打、126打点。1996年、打率.311、48本塁打、148打点。他、短縮シーズンの1994年、106試合で、打率.357、36本塁打、101打点。

 Manny Ramirez
 現在、Boston Red Soxの主砲。
 1996年から2000年在籍。1998年、打率.294、45本塁打、145打点。1999年、打率.333、45本塁打、165打点。2000年、打率.351、38本塁打、122打点。

 Jim Thome
 現在、Chicago White Soxの主砲。
 1991年から2002年在籍。1996年、打率.311、38本塁打、116打点。2001年、打率.291、49本塁打、124打点。2002年、打率.304、52本塁打、118打点。

 David Justice
 1997年から2000年在籍。1997年、打率.329、33本塁打、101打点、1998年、打率.280、21本塁打、88打点、1999年、打率.287、21本塁打、88打点。

 Kenny Lofton
 現在、 Texas Rangersのリードオフマン。
 1992年から1996年、1998年から2001年在籍。1993年、打率.325、70盗塁、116得点、1994年、打率.349、60盗塁、105得点、1996年、打率.317、75盗塁、132得点。

 Roberto Alomar
 1999年から2001年在籍。1999年、打率.323、24本塁打、120打点、2000年、打率.310、19本塁打、89打点、2001年、打率.336、20本塁打、100打点。

 他にも強打者が多く在籍していた。
 Carlos Baerga 打率.300、20本塁打、100打点、200安打を2年連続。
 Eddie Murray 1995年、打率.323、21本塁打、82打点。
 Matt Williams 1997年、打率.263、32本塁打、105打点。
 Travis Fryman 2000年、打率.321、22本塁打、106打点。
 Juan Gonzalez 2001年、打率.325、35本塁打、140打点。

| | Comments (0)

NBA_ファイナル初戦_スパーズ圧勝

 NBAのファイナルが開幕、初戦はWESTの覇者スパーズが、ダンカン、パーカーの活躍で圧勝。EASTの覇者キャバリアーズは、レブロンが抑え込まれて完敗。好対照のスタートを切りましたね。

 San Antonio SpursCleveland Cavaliersに85対76で初戦を飾った。試合は序盤からディフェンスの得意な両チーム、ロースコアーのゲームになった。若干、Spursペースで、5点差とは思えない内容。もっと、点差が開いてもおかしくないゲーム。3Qに、Spursが主力で得点を重ねて、相手を抑え込んで勝利を確定的にした。
 Spursは、Tim Duncanが24P13R、Tony Parkerが27P7A、Manu Ginobiliも16Pと活躍。主力が活躍。ディフェンスでは、CavaliersLeBron Jamesをダブルマークし、相手のドリブル突破では2重3重の壁を作って徹底マーク。オフェンスもインサイドもアウトサイドも鮮やかな攻撃。
 Cavaliersは、LeBron Jamesが14P7R4Aと精彩を欠いた。Daniel Gibsonは活躍。総体的にオフェンスは、エースの不調もあり得点が入らなかった。インサイドはほとんどダメで、アウトサイドのみの攻撃になった。ドリブル突破が出来ない状況に。でも、LeBronが不調で9点差負けなら、勝機もありそう。まだ、1試合終了したばかり。
 LeBronは、前半で自信を失ったのか、シュートを撃ち切れていない。中途半端な感じがした。しかし、4Q、3PFGの2本連続成功と豪快なブロックショットは良かったが、次のゲームに繋がるか。次の試合までに、建て直しを計るだろうが、大爆発の予感も。KINGの称号に合う活躍を期待。エース次第でゲームの流れが変わる。ファイナルのシリーズの流れも変えてしまうプレーヤーだと思う。奮起に期待。
 Duncan Parker Ginobiliのバランスの取れたオフェンス、自慢のディフェンスが、次の試合の勝利も呼ぶか。主力は絶好調だった。このまま、LeBronを眠らせて置きたいところですね。それに、第1戦を勝ったチームがファイナルを7割以上の確率で制覇しているというデータも。
 でも、楽しみなファイナル。2、3戦目が本当に大切ですね、勝ったチームに流れが行きそう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MLB_1941年の偉大な二つの記録

 MLBの1941年は偉大な記録の達成された年ですね。人気を二分した2人。ニューヨーク・ヤンキースのジョー・ディマジオが金字塔の56試合連続安打、ボストン・レッドソックスのテッド・ウィリアムズの最後の4割となった打率.406。さて、MVPは。

 New York YankeesJoe DiMaggioは、1941年、5月25日から7月16日まで、56試合連続安打。56試合の成績は、223打数91安打、打率.408、16二塁打、4三塁打、15本塁打、55打点、56得点。4安打が4試合、3安打が5試合。チームもその56試合に41勝して、4位から首位に。すごい成績。
 アリーグ記録、George Sislerの41試合、ナリーグ記録、Willie Keelerの44試合もあっさり更新された。しかし、Cleveland IndiansAl Smithに記録を止められた。
 シーズン成績は、打率.357(リーグ3位)、30本塁打(リーグ4位)、125打点(リーグ1位)。通算成績で、首位打者2回、本塁打王2回、打点王2回、MVP3回。
 Boston Red SoxTed Williamsが、打率.406を記録。このシーズン、最後の3試合を残し、打率.401で、監督のラインアップから外す提案にも、Williamsは、「全試合プレーして4割を打ちたい。」と言った。第1戦で4打数1安打で打率.3995に下げるも、第2戦で安打して、打率.403、第3戦でも安打して、打率.406に。勇気ある物語として有名。
 シーズン成績は、打率.406(リーグ1位)、37本塁打(リーグ1位)、120打点(リーグ4位)。通算成績で、首位打者6回、本塁打王4回、打点王4回、MVP2回。
 二人が同じ年に記録を作ったが、MVPはDiMaggioWilliamsは、1941年をはじめ、三冠王2回の1942年、1947年もMVPを取っていない。

| | Comments (0)

NBA_キャバリアーズFINALへ

 NBAのEAST決勝はクリーブランド・キャバリアーズがデトロイト・ピストンズを2連敗の後4連勝で初のFINAL進出を決めた。”キング・レブロン”ことレブロン・ジェームズと、新人ダニエル・ギブソンの活躍が勝因。

 Cleveland CavaliersDetroit Pistonsに98対82で勝利。初のFINAL進出を決めた。試合は、4Qに、新人Daniel Gibsonらの活躍で突放した。
 Gibsonが31P、LeBron Jamesが20P14R8A。シリーズを通して、LeBron Jamesが大活躍。
 でも、Pistonsの5年連続EAST決勝進出はすごい。

 Cavaliersのチームの歴史は以下の通り。
 1970-71年創設。
 1975-76年。ベスト4。EAST決勝で王朝Boston Celticsに敗退。…Austin Carr、…Jim CleamonsFoots WalkerJim Chonesが主力。
 1991-92年。ベスト4。EAST決勝でChicago Bullsに敗退。Brad DaughertyMark PriceLarry Nanceらが主力。
 2006-07年。EAST決勝でDetroit Pistonsに勝利。FINALへ。
 "King.LeBron"に相応しい活躍のLeBron。FINALでは、新人Daniel Gibsonが秘密兵器になるのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MLB_ブルワーズ_in_1982

 ミルウォーキー・ブルワーズがナリーグ中地区の首位。ここ10試合ほど、負けが先行しているが、独走中。若い選手の活躍が頼もしい。1982年、アリーグ東地区所属でリーグを制覇した。そう、25年前。

 チームは、脅威の猛打打線で地区を制している。当時の主要メンバーは以下の通り。

 1番 Paul Molitor 3B
 リーグ屈指のリードオフマン。.301、19本塁打、71打点、136得点で得点王。野球殿堂入り。
 2番 Robin Yount SS
 シーズンのMVP。.331、29本塁打、114打点、129得点。野球殿堂入り。1989年もMVP。
 3番 Cecil Cooper 1B
 3割確実のアベレージヒッター。 .313、32本塁打、121打点。打点王2回。

 以上の3人は脅威の1,2,3番と恐れられる。
 中軸打線は、以下の通り。

 Ted Simmons C    29本塁打97打点。3割確実の名捕手。
 Gorman Thomas OF  39本塁打112打点。本塁打王2回。
 Ben Oglivie OF   34本塁打102打点。本塁打王1回。

 投手陣は以下の通り。

 Mike Caldwell   17勝13敗、防御率3.91。
 Pete Vuckovich 18勝6敗、防御率3.34。
 Bob McClure     12勝7敗、防御率4.22。
 Rollie Fingers 5勝6敗29セーブ、防御率2.60、野球殿堂入り。1981年、サイヤング賞、MVPのダブル受賞。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2007 | Main | July 2007 »