« MLB_オールスター過去のミニハイライト | Main | MLB_サイヤング賞_受賞投手 »

MLB_2007オールスター戦

 MLBの第78回オールスター戦は、5対4でア・リーグの辛勝。ア・リーグは1引き分けを挟んで10連勝。MVPは、イチロー外野手、史上初のランニングホームランを含め3打数3安打2打点。ナ・リーグの9回の猛攻は凄かったですね。勝利の執念を感じた試合。

 試合は、1点を追うア・リーグが、Ichiroのランニングホームランで2点を加え2対1と逆転、有利に運ぶ、その後も、Carl CrawfordVictor Martinezのホームランで追加点。5対2とリード。
 ナ・リーグは、9回、Alfonso Sorianoの2打点ホームランで1点差、なおも、後続のJ.J. HardyDerrek LeeOrlando Hudsonが出塁して2死満塁のチャンス。
 ア・リーグは、”K-ROD”Francisco Rodriguezが力のピッチングで、最後逃げ切った。三振奪取率王の意地を見せた。

 ア・リーグの立役者達。
 Ichiroは、3打席ともIchiroらしいバッテイング。ライナー性、技ありヒット、フェンス超えを狙った打球。インタビューで、ランニングホームランについては「入ったと思いました。でも、AT&Tパークなので…。史上初なんですか。」と嬉しそうなコメント。3安打については、「(3本)出ましたね。」の質問に、「出したんです。」と答えた、狙っていたという意味か。すごいですね。場内のMVPインタビューで、通訳が付いて、日本語で喜びの声が聞こえた。演出なのか。
 投手陣は良かったですね。
 最多勝を狙う先発投手達、Dan Haren、話題のJosh BeckettC.C. SabathiaJohan Santanaの投球は素晴らしかった。リリーフ陣の球速も早かった。

 ナ・リーグの立役者達。
 Jose Reyesも3安打の大活躍、それに、守備も華麗だった。
 Ken Griffeyも先制打を含め2打点、そして、本塁で走者を刺した活躍。
 最多勝を狙う先発投手達、Jake PeavyBrad Pennyはいい投球でした。リリーフ陣の球速も早かった。

 ホームランを期待した、Barry Bonds、現在二冠Alex RodriguezPrince Fielderが不発だったのは、残念。
 ナ・リーグにも勝って欲しい。選出されて出場しなかったAlbert Pujols、選出されなかったRyan Howard等が来年は頑張って欲しい。
 でも、来年は、歴史のある”ルースの建てた”ヤンキースタジアム、来年で使用されなくなるらしい。うん、ちょっと、複雑。
 9回の土壇場の白熱、それに、何度かバットも折れることがあった、そんな豪速球だった。真っ向勝負で戦われた素晴らしいオールスターでした。

|

« MLB_オールスター過去のミニハイライト | Main | MLB_サイヤング賞_受賞投手 »

MLB」カテゴリの記事

MLB_OAK」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« MLB_オールスター過去のミニハイライト | Main | MLB_サイヤング賞_受賞投手 »