« NFL_レイダース連勝_強豪チームは明暗分ける | Main | MLB_松井稼逆転満塁弾_ロッキーズ王手 »

MLB_ロッキーズ奇跡の逆転でワイルドカード、全日程終了

 ナリーグのワイルドカードは、コロラド・ロッキーズとサンディエゴ・パドレスが89勝73敗で並んで、ワイルドカードプレイオフが行われ、ロッキーズが延長13回、6対8のビハンドから、3点を奪って奇跡の逆転勝利。
 プレイオフは、アリーグが、地区優勝のレッドソックス、インディアンス、エンゼルス、ワイルドカードのヤンキース、ナリーグが、地区優勝のフィリーズ、カブス、ダイヤモンドバックス、ワイルドカードのロッキーズ。ナリーグは、昨季のチームとは、全く違ったチームに、アリーグも、ヤンキース以外は、昨季のチームとは、全く違ったチームに。
 個人タイトルは、アリーグは、久しぶりに、首位打者のマグリオ・オルドネスで高打率で本塁打量産の打者が獲得、本塁打打点二冠のアレックス・ロドリゲスも、54本塁打156打点と高い数字、最多勝はジョシュ・ベケットが20勝、昨季20勝投手なしだったのでMLBでも、2年ぶりの20勝投手。ナリーグは、マット・ホリデーが首位打者と打点王の二冠、珍しい組み合わせ、本塁打はプリンス・フィルダーが50本塁打。最多勝は、ジェイク・ピービで19勝、防御率、奪三振も1位。
 
 Colorado RockiesSan Diego Padresは6対6で延長戦に、13回表、PadresScott Hairstonの2点本塁打でリード、しかし、13回裏、奇跡が、RockiesKazuo MatsuiTroy Tulowitzkiの連続二塁打、主砲Matt Hollidayの単独打点王となる三塁打で同点、最後は、Jamey Carrollの犠牲フライでサヨナラ勝ち。奇跡的ですね。
 プレイオフは、New York Yankees以外は、全て昨季と違うチームになりました。今季は、予想の難しいシーズン、最後まで混戦のシーズンでしたね。どこがワールドシリーズに出場するか、楽しみですね。
 個人タイトルは、…アリーグの首位打者が、…Magglio Ordonezで、打率.363の高打率、28本塁打、139打点と、アリーグでは久しぶりに高打率でスラッガーが獲得した。
 アリーグの本塁打打点二冠のAlex Rodriguezも、54本塁打156打点。3度目の50本塁打は史上4人目、156打点はキャリアハイ。
 アリーグの最多勝はJosh Beckettで初の20勝でタイトルを獲得。MLBでも、2年ぶりの20勝投手。
 ナリーグの首位打者打点王二冠のMatt Hollidayは、珍しい組み合わせの二冠。今季はスラッガーが打率を稼いだ感じ。
 ナリーグの本塁打王は、Prince Fielderが50本塁打、父Cecil Fielderが1990年、51本塁打で、史上初の親子での50本塁打を達成。
 ナリーグの投手部門は、Jake Peavyが19勝6敗、防御率2.54、奪三振240と独占。ワイルドカードプレイオフで20勝のチャンスを逃した。

|

« NFL_レイダース連勝_強豪チームは明暗分ける | Main | MLB_松井稼逆転満塁弾_ロッキーズ王手 »

MLB」カテゴリの記事

Comments

13回の表に2点入ったときは、「あーダメか」って諦めていましたが・・・
気がついたら、逆転していて、ビックリでした。
これでPhilliesと対戦ですが、もちろんRockiesを応援します。Metsとの対戦になっても、それはそれで面白かったですよね、ある意味。。。

Posted by: れい | 10/03/2007 at 00:39

 こんにちは。コメントありがとうございます。延長になったのは、知っていたのですが、13回の攻防は、終わってわかりました。まさか、こんな結末とは、思いませんでした。
 Metsと対戦してもおもしろかったですね。Metsは投手がいいから、好勝負ですね。Rockiesに頑張ってほしいです。

Posted by: robin | 10/03/2007 at 08:30

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« NFL_レイダース連勝_強豪チームは明暗分ける | Main | MLB_松井稼逆転満塁弾_ロッキーズ王手 »