« NBA_2007-08オールスター大接戦 | Main | NBA_キッド_移籍後初勝利 »

NBA_キッド_シャック_デビュー戦は敗北

 NBA2007-08。2月20日、ダラス・マーベリックスのジェイソン・キッドのデビュー戦。まだ慣れないのか、本調子ではなかった。チームは今季絶好調のニューオリンズ・ホーネッツに敗退。ホーネッツはクリス・ポールが活躍。フェニックス・サンズのシャキール・オニールもデビュー、まずまずの働き。チームはロサンゼルス・レイカーズに敗退。レイカーズはコービー・ブライアントが大活躍。

 Dallas Mavericksに、屈指のPGJason Kiddが帰ってきた。デビュー戦は、8P、6R、5Aとトリプルダブルには程遠い。チームに慣れないとはいえ、6TOはちょっと酷過ぎかな。コメントで、「プレイメイクに重視したが、多くのミスは自分からによるもの。」と、やっぱり、チームの敗北も気になったようだ。
 Kiddの加入で戦力アップ、もちろん、ファイナル制覇が目標になるだろう。指揮官、ゲームメイクに期待大。
 Kiddが以前Mavericksにいたころは、チームの第1期黄金時代を終えて、再建の時、しばらくして、”3J”として期待された、Jim JacksonJamal Mashburnの3人。チームの将来を期待された。PO争いをした頃もあったが。しかし、みんなトレードされて、チームはバラバラに。

 Phoenix SunsShaquille O'Nealは、15P9Rの活躍。dunk、alley-oop-dunkも決めていた。チームとは、マッチしそうな感じもする。Amare Stoudemireとのコンビでインサイドは強力になりそうだ。
 Steve Nashも「Shaqは偉大な選手。私も刺激を受けて、エキサイトした。」とコメント。Shaqの加入がチームに好い影響を与えそう。
 まともならば、ゴール下では断然強い選手。勝負どころでは、ゴールを量産してくれるでしょう。こちらも、ファイナル制覇が最終目標。優勝請負人だから。

|

« NBA_2007-08オールスター大接戦 | Main | NBA_キッド_移籍後初勝利 »

NBA」カテゴリの記事

NBA_DAL」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« NBA_2007-08オールスター大接戦 | Main | NBA_キッド_移籍後初勝利 »