« MLB_K・グリフィーJR史上6人目の600号 | Main | MLB_フィリーズ今季2度目の20得点 »

NBA_セルティックス3Q猛攻で王手

 NBA2008。6月。ファイナル4戦、ボストン・セルティックス対ロサンゼルス・レイカーズは、序盤、レイカーズがラマー・オドムの活躍でリード、3Qの終盤まで20点のリード。しかし、セルティックスは、3Qの終盤5分に猛攻で2点差まで詰めより、4Qに逆転して、そのまま逃げ切った。
 セルティックスは、3勝1敗として、NBA史上最多の17回目の王者に、あと1勝と迫った。

 Boston CelticsLos Angeles Lakersのファイナル4戦。97対91で、Celticsの大逆転勝利。Celticsは、史上最多のファイナル17度目の制覇まで、あと1勝。
 試合は、Lamar Odomの活躍などでLakersが3Q終盤まで20点リード。Celticsは3Q残り5分で、21対3の得点で、2点差まで追い上げた。そして、4Qに逆転して勝利。

 CelticsRay AllenKevin GarnettPaul Pierceの活躍、Eddie HouseRajon Rondoに代わって大活躍、P.J. Brownも活躍。3Qの終盤は素晴らしかった。

 Lakersは、窮地に、Kobe Bryant、Pau Gasol頼り。ディフェンスも心配。
 Celticsのビック3はすごいのか。Allenは48分間のフル出場、Bryantをマークしたのか。

 残り、Lakersの攻撃力に期待。Celticsの方が、いろんなシステムを持っていそうな感じ。

 関連記事
 ファイナルはセルティックス対レイカーズ

|

« MLB_K・グリフィーJR史上6人目の600号 | Main | MLB_フィリーズ今季2度目の20得点 »

NBA」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186149/41520964

Listed below are links to weblogs that reference NBA_セルティックス3Q猛攻で王手:

« MLB_K・グリフィーJR史上6人目の600号 | Main | MLB_フィリーズ今季2度目の20得点 »