« MLB_NLCSはフィリーズ対ドジャーズ | Main | WNBA_Cパーカーが新人王とMVPのダブルタイトル »

MLB_ALCSはレイズ対レッドソックス

 MLB2008。10月6日。アリーグのDSプレイオフ、タンパベイ・レイズとボストン・レッドソックスがDSシリーズを制した。ア東地区同士の対決。

 タンパベイ・レイズは、今季、初の地区優勝。打撃陣は、新人王候補エバン・ロンゴリア、主砲カルロス・ペーニャがチームをリードする。投手力は、スタッフが揃っている。スコット・カズミアーが中心か、5人の10勝以上の投手陣と、安定感がある。

 ボストン・レッドソックスは、デービッド・オルティスが軸になる、ケビン・ヨーキリス、J・Dドルーにも期待。ダスティン・ペドロイアのクラッチぶりにも期待。投手陣は、10勝以上が5人いるが、松坂大輔投手、ジョシュ・ベケット、ジョン・レスターに期待。昨季の経験が優位に働くか。 

 Tampa Bay Raysは、1998年創設。安打製造機のWade Boggs、40本塁打40盗塁のJose Cansecoも、一時在籍した。現在ではCarlos Penaが昨季46本塁打121打点とスタープレーヤに近づきつつある。

 Boston Red Soxは、昨季、ワールドシリーズ7度目の制覇。アリーグ制覇12度。Tris SpeakerTed WilliamsCarl YastrzemskiJim RiceWade BoggsManny RamirezDavid Ortizと、大打者の伝統がある。投手は、Cy YoungRoger ClemensPedro Martinezなど。
 1975年のワールドシリーズ、3勝4敗で敗れたが、最強軍団Cincinnati Redsとの激闘は有名。

 昨年のALCS関連情報
 MLB_レッドソックス3季ぶり12度目のアリーグ制覇

|

« MLB_NLCSはフィリーズ対ドジャーズ | Main | WNBA_Cパーカーが新人王とMVPのダブルタイトル »

MLB」カテゴリの記事

MLB_BOS」カテゴリの記事

Comments

 アリーグは、レッドソックスが有利と思いますが。経験が、ものをいいそうですね。レイズは、若さが爆発すれば、面白い対決になりそうです。
 ナリーグは、難しいですね。ラミレスと勝負を避けられるような展開になったら、フィリーズ有利でしょうか。ドジャーズは、投手陣が持ちこたえるかですね。でも、いい勝負でしょうか。

Posted by: ラビッツ | 10/10/2008 at 00:35

 レッドソックスを応援したいですが、MLBの保守派なので、レイズのように地区優勝したチームにも勝って欲しいという思いもあります。
 初戦はフィリーズが勝ちましたね。でも、どっちがシリーズを勝つかわかりませんね。フィリーズの打撃陣はパワーがありますね。ドジャーズも、ラミレスに本塁打を期待。投手陣が頑張れば、7戦までもつれそうな感じもしますね。

Posted by: robin | 10/10/2008 at 19:43

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186149/42715465

Listed below are links to weblogs that reference MLB_ALCSはレイズ対レッドソックス:

« MLB_NLCSはフィリーズ対ドジャーズ | Main | WNBA_Cパーカーが新人王とMVPのダブルタイトル »