« MLB_トーレ監督史上5位の勝ち数に_選手時代も好打者 | Main | MLB_A・ロッドが563号で並んだRジャクソンとは »

MLB_フィリーズ快勝_新人メイベリーの本塁打

 MLB2009。6月23日。

 MLB、フィラデルフィア・フィリーズは、タンパベイ・レイズと、昨季ワールドシリーズの再戦がインターリーグで実現。

 試合は、フィリーズが、10対1の快勝。チェイス・アットリー、新人ジョン・メイベリーの活躍で勝利。ジェイミー・モイヤー投手も好投。

 Philadelphia PhilliesChase Utleyは、先制のタイムリー2塁打、追加点の2点本塁打と大活躍。

 John Mayberryは、初回に3点本塁打。今季新人で初ヒットを3点本塁打でデビュー。相手投手はAndy Pettitteだからすごい。主軸で欠場のRaul Ibanezの穴を埋めれるか。
 Mayberryは、John Mayberry Jr.と呼ばれる。父John Mayberry Sr.は、1972年から、Kansas City Royalsの主軸として活躍。1973年は、開幕79試合で74打点と大活躍。100打点以上3回のパワーヒッター。

 Jamie Moyerは、通算251勝目、大投手Bob Gibsonと並んで歴代43位になった。

 Philliesは、今季、ホームで13勝22敗、ロードで24勝9敗。ロードでは、打線も投手陣も好調。やはり、地力があるのか。ホームで5割をキープすれば、自然と地区優勝が転がり込んでくるのでは。
 
 フィリーズ関連
 MLB_フィリーズ2度目のワールドシリーズ制す

|

« MLB_トーレ監督史上5位の勝ち数に_選手時代も好打者 | Main | MLB_A・ロッドが563号で並んだRジャクソンとは »

MLB」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186149/45441465

Listed below are links to weblogs that reference MLB_フィリーズ快勝_新人メイベリーの本塁打:

« MLB_トーレ監督史上5位の勝ち数に_選手時代も好打者 | Main | MLB_A・ロッドが563号で並んだRジャクソンとは »