« June 2009 | Main | August 2009 »

MLB_カージナルス_ホリデー獲得で磐石

 MLB2009、7月25日。

 セントルイス・カージナルスは、強打者で安定性のあるスラッガー、マット・ホリデーを獲得。脂の乗り切った選手を獲得し、これで、アルバート・プホルスとのコンビは、MLBでも、トップクラスの3、4番となった。

 マット・ホリデーは、ナリーグの投手は、慣れているのか、好調の出だし。これで、プホルスは敬遠される回数が減って、勝負に出てくる投手も増えるので、本塁打、打点は増えそう。

 チームには、ライアン・ラドウィックもいるので、強力打線になりそうな感じがする。チームも、地区優勝を狙えそうだ。そして、2006年以来のワールドシリーズ制覇も、できそうなメンバー。

 St. Louis Cardinalsは、Matt Hollidayを獲得。Albert PujolsRyan Ludwickとクリーンアップは強力になった。HollidayPujolsもタイトルを獲得している、スーパースター。他にも、パワーヒッターは、数名いる。Pujolsとの勝負が増えて、相乗効果を生むかもしれない。

 そして、エースのChris Carpenterの復帰も大きい。今後、どんな成績を残すか楽しみ。

 そう、チームは、ポストシーズン、ワールドシリーズでは、強いので、チャンスは多くありそうな感じ。

 カージナルス関連

 カージナルス_10度目のワールドシリーズ制覇

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MLB_バーリーが完全試合_歴代17人目_過去は

 MLB2009、7月23日。

 シカゴ・ホワイトソックスのマーク・バーリーがパーフェクトゲームを達成。レギュラーシーズンでは、歴代17人目で17度目の達成。他に、ワールドシリーズで、1試合達成されている。

 試合は、バーリーの絶妙のピッチング、そして、9回のデワイン・ワイズのスーパーキャッチにも助けられた。

 Chicago White SoxMark BuehrlePerfect game(パーフェクトゲーム)を達成。レギュラーシーズン17人目17度目の達成。2004年のRandy Johnson以来の記録達成。
 他に、ワールドシリーズで、Don Larsenが達成している。
 17度の内、2度が19世紀に達成されており、20世紀以降では15度、ワールドシリーズでの達成を含めると、16度達成されたことになる。

 Buehrleは、過去にもノーヒットゲームを達成しており、史上28人目の2度以上のノーヒットゲームを達成した投手になった。パーフェクトゲームとノーヒットゲームを達成した史上6人目の投手となった。

 1968年のCatfish Hunterは、パーフェクトゲーム達成と同時に、打撃でも、4打数3安打3打点、二塁打も1本打っている。

 1956年のDon Larsenは、ワールドシリーズで達成、これは、大記録。そして、1922年のCharlie Robertson以来で、34年ぶりは、最長間隔の記録でもある。

 Barack Obama大統領も大喜び。White Soxファンには、この上ない喜び。

 投手記録関連

 MLB_Rジョンソン296勝目_狙う2つの記録

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MLB_松井秀_15号サヨナラ弾

 MLB2009、7月20日。

 ニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜選手が、15号サヨナラ本塁打。チームも首位に並んだ。

 松井選手のサヨナラ本塁打は、MLBでは、2003年以来の2本目。サヨナラ安打は2005年以来の4本目となる。

 日本人選手のサヨナラ本塁打は、松井選手以外では、井口資仁選手が2008年に打っているのみ。
 日本人選手のサヨナラ安打は、松井選手以外では、井口選手が3本、新庄剛志選手、田口壮選手が2本、松井稼頭央選手が1本。

 New York YankeesHideki Matsuiが、15号サヨナラ本塁打。インタビュー時に、顔面クリームを浴びた。本人は、知っていたようだが、「忘れていた。」と。三塁ベースでヘルメットを上空に投げたのは、チームのルールらしいですね。

 Matsuiのサヨナラ本塁打は、2003年、7月17日、9回裏に同点からソロホームラン以来2本目。サヨナラ安打は、2003年に2本、2005年に1本、計4本目。2005年のサヨナラ二塁打は、日本人選手で唯一の逆転サヨナラ安打。

 Soh Taguchiが、日本人選手で唯一、代打でのサヨナラ安打の記録を持っている。
 

 松井秀喜関連

 MLB_松井首位打者_本拠地では好成績

| | Comments (0) | TrackBack (1)

MLB_ハワード最速200号_Rカイナーを抜く

 MLB2009、7月16日。

 フィラデルフィア・フィリーズのライアン・ハワードが、今季23号本塁打、通算で200号。658試合目の達成で、MLB史上最速記録となった。従来は、ラルフ・カイナーの706試合。カイナーは、デビュー以来7年連続本塁打王のMLB記録を持っている。

 2人の共通点は、新人の頃から本塁打を驚異的に量産していること。

 カイナーは、通算10年間で369本塁打。50本以上2度、40本塁打以上5度。カイナーの量産は、元タイガースの本塁打王、ハンク・グリーンバークの指導の影響が大きいとされる。

 Philadelphia PhilliesRyan Howardがキャリアで200号本塁打を達成。658試合とは、驚異のペースと言える。シーズン162試合とすると、49本ペースとなる。

 従来は、Ralph Kinerの706試合。新人から7年連続の本塁打王。そう、チームPittsburgh Piratesは、下位に低迷していたが、Kinerの最終打席が終わるまで席を立たなかったらしい。それくらい人気者。
 Kinerの記録は、Hank Greenbergの指導も大きく影響している。ホームプレート近くに立ち、スタンスを広くするアドバイスを受けて、三振を恐れなくなり、楽になったと言っている。

 Kinerのキャリア本塁打率は、当時、歴代2位の高さ。まさに、ホームランアーチストといえそう。

 パイレーツ関連

 MLB_ピッツバーグ・パイレーツ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MLB_オールスター2009_アリーグ接戦制す

 MLB2009、7月14日。

 第80回MLBオールスターは、セントルイス・カージナルスの本拠地ブッシュ・スタジアムで行われた。試合は、アリーグが、4対3で、接戦を制して勝利。イチロー選手は1安打。MVPは、ホームラン性の大飛球をスーパーキャッチしたカール・クロフォードが受賞。

 アリーグが、引き分けをはさんで12連勝、13年間負けなしとなった。引き分けなしの連勝記録は、ナリーグの1972年から1982年まで11連勝。

 Carl Crawfordのグラブがアリーグの勝利を呼び込んだ。Brad Hawpeの本塁打性の大飛球をキャッチ。打っても3打数1安打。MVPを獲得。守備でのMVP獲得で有名なのは、1979年のDavid Parker。ランナーを2度刺している。

 Ichiro Suzukiは、ナリーグ昨季サイヤング賞、今季リーグの奪三振王のTim Lincecumの初球を大ファール、5球目を打ってヒットで出塁。しかし、以後2打席凡退で3打数1安打。

 Albert Pujolsは、好守備にも阻まれたが、3打数ノーヒット。

 Joe MauerPrince Fielderなどは、チャンスにタイムリーを打っている。Mauerは、現在リーグの首位打者、Fielderは、本塁打競争の優勝者。好調を維持しているみたい。

 アリーグの投手陣が好調だった。3回以降7イニングを1安打に抑える。ナリーグの本塁打打線に期待したが、アリーグの好投手の前に沈黙。

 若い選手が多く、常連が姿を消したゲームではあったが、接戦のいいゲーム。
 42才で初出場のTim Wakefieldは、登板がなかったのは、ちょっと残念。

 MLBも後半に、話題の尽きないMLB。どんな結果が待っているのか、楽しみ。

 オールスター2008関連

 MLB_オールスターアリーグ11連勝_史上タイ記録

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NBA_マーベリックスがマリオン獲得

 NBA2009、7月10日。

 ダラス・マーベリックスが、オールスターフォワードのショーン・マリオンを獲得。ジェイソン・キッドのプレイにマッチしそう。フェニックス・サンズ時代のスピードあるプレイには定評があっただけに期待。
 キッドも、ニュージャージ・ネッツ時代、スピードでバックアップする選手がいただけに、マリオンの獲得で、さらに、プレイに磨きがかかりそう。

 現時点でのスタータの布陣がどうなるか、興味深いですね。

 Dallas Mavericksは、Shawn Marionを獲得。Jason Kiddのスピードあるプレイに対応してくれそうですね。

 現時点でのスタータは強力布陣になった感じ。Jason KiddJosh HowardShawn MarionDirk NowitzkiJason Terryと得点力のある選手を、どのように使うか楽しみ。

 難しいけど、Dirk Nowitzkiをセンターに持っていけば、得点力のある布陣で戦えそう。Josh Howardを、ガードに使っていく方法もありそう。

 Marionの加入で、新しい得点源を得た、リバウンドも期待。

 チームは、Kiddをはじめ、常に3、4人の得点力ある選手をコートに置けそうですね。攻守にアップしたチーム、ファイナル制覇を期待。

 マーベリックス関連

 NBA_キッド史上4人目の10000アシスト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MLB_Aジョーンズ1試合3発_レンジャーズは首位

 MLB2009、7月8日。

 テキサス・レンジャーズのアンドリュー・ジョーンズが、1試合3本塁打の大活躍。ロサンゼルス・エンゼルスに勝って、地区単独首位に立った。

 試合は、ジョーンズが1回に左中間スタンドに2ラン、3回にレフトスタンドにソロ、5回にもレフトスタンドにソロと、大活躍。キャリア2度めの1試合3本塁打を達成。

 チームも、エンゼルスに連勝で、単独首位に立った。

 Texas RangersAndruw Jonesが、キャリア2度目の1試合3本塁打。Los Angeles Angelsに快勝し首位に。

 Jonesの1試合3本塁打は、チーム史上15回目、ロードでの達成は4度目となる。アリーグでのチーム本塁打も1位。最近の得点力は素晴らしい。

 Jonesは、今季14号となり、キャリア通算385本、歴代52位タイ。まだ、32才なので、今後も記録を伸ばしそう。19才でデビュー、Atlanta Bravesの連続地区優勝に貢献。シーズン30本塁打のパワーヒッターも、2005年に51本塁打で本塁打王、翌年も41本塁打。フルシーズン出場すれば、40本塁打を超えそう。

 レンジャーズ関連

 MLB_ヤング5年連続200安打

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MLB_Mラミレス復帰弾_534号

 MLB2009、7月4日。

 ロサンゼルス・ドジャースのマニー・ラミレスが復帰2戦目で、本塁打を記録。右腕投手の79マイルのチェンジアップをレフトスタンドに運んだ。通算で534号、史上16位タイで、歴代屈指の右打者、ジミー・フォックスに並んだ。
 試合は、サンディエゴ・パドレスに逆点負け。しかし、地区首位は安泰か。

 Los Angeles DodgersManny Ramirezが、復帰2戦目で、初回にいきなり本塁打。通算534号。歴代16位タイとなった。

 Jimmie Foxxと並ぶ本塁打数。Foxxは、Philadelphia AthleticsBoston Red Soxなどで主砲として活躍。アリーグでは、Babe RuthLou Gehrigと共に恐れられていた打者。アリーグの右打者シーズン最多本塁打58本の記録を持っている。

 上には、536本のMickey MantleMantleは、New York Yankeesの第3期黄金時代を支えた主砲。スイッチヒッターとしての最多本塁打記録保持者。

 Ramirezは、通算成績が、534本塁打、1746打点。打点も歴代19位。打率も、今季.337と高い。これからの記録の更新が楽しみ。どこまで伸びるか。

 ラミレス関連
 MLB_M・ラミレス500号は歴代でも屈指の成績
 M・ラミレス、9年連続100打点達成

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MLB_Hラミレス_ナリーグ遊撃手初の10試合連続打点の快挙

 MLB2009。7月1日。

 MLB、フロリダ・マーリンズのヘインリー・ラミレスが、10試合連続打点の快挙を達成。遊撃手としてナリーグ史上初の記録。ラミレスは、オールスター出場も濃厚なスター選手。

 ラミレスは、ここ10試合で打点は24を数える。10試合連続打点中は、40打数19安打、打率.450と、絶好調。

 遊撃手でこれだけの記録を残せる選手は、遊撃手時代のアレックス・ロドリゲス、アーニー・バンクスなど、指折りの屈指のスラッガー数人しかいない。

 今季の連続試合打点は、Joe Mauerの9試合連続打点が最高だったので、Hanley Ramirezは、今季最多記録を更新した。

 最近10試合以上の連続打点は、Garret Andersonの2007年の12試合連続22打点。

 チーム記録は、8試合で、最近では、Jorge Cantuが達成している。

 Hanley Ramirezは、実質4年目、今季、7月1日現在、75試合、打率.345、13本塁打、58打点。過去3シーズンで、いずれも100得点突破、昨季は33本塁打、一昨年は、81打点。盗塁も抜群。まさに、スーパースターといえそう。

 打点関連
 MLB_アンダーソン史上12人目の10打点

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2009 | Main | August 2009 »