« August 2009 | Main | October 2009 »

MLB_ロジャー・コナー_飛ばない時代の本塁打記録保持者

 MLB。

 ロジャー・コナー一塁手。本塁打王ベーブ・ルースの登場前の本塁打王。1880年から1897年までプレイ。当時、通算136本塁打を記録し、ニューヨーク・ヤンキースのルースが破るまで、通算本塁打の記録保持者として君臨していた。(現在では、138本塁打となっている。)。

 Roger Connor。デビューは、左利きの三塁手だが、一塁手にすぐに転向。
 1888年、史上4人目の1試合3本塁打を達成。
 1895年、6打数6安打、シングル3、二塁打2、三塁打1。三塁打の通算記録も上位にランクされる。

 当時の記録として、1887年、17本塁打、1888年、14本塁打、1889年、13本塁打、1890年、13本塁打(本塁打王)、1892年、 12本塁打、1893年、11本塁打など。当時としては、かなりの本数。

 通算成績、1997試合、138本塁打、1322打点、打率.317。…。

 殿堂関連

 MLB_1960年代ナリーグの好投手達

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NFL_2週_2009レイダース今季初勝利

 NFL2009-10。現地9月21日。2週。

 オークランド・レイダースは、カンザスシティ・チーフスに逆転勝ち。若きRBのダレン・マクファッデンが逆転のタッチダウンランで勝利。試合は、押されぎみであったが、今季初勝利。シーズン8勝くらいして欲しいところ。

 Oakland RaidersKansas City Chiefsに勝利。2008年ドラフト1巡指名のRB、Darren McFaddenが、4QにTDを決めて勝利。
 
 スタッツを見ると、攻撃時間も21分21秒、獲得総ヤード数も166ヤードと、まさに、相手チームに圧倒されていたが、奇跡的な勝利。
 Chiefsは、獲得総ヤード数も409ヤードと、2倍以上の獲得ヤード数。ターンオーバー2回など、攻め切れなった感じ。

 Raidersは、今季、開幕戦は、今日と逆のゲームで、惜しくも敗北。これで1勝1敗。

 今後は、やはりランプレイ中心となるのだろうか。2007年ドラフト1巡1位指名のQBJaMarcus Russellにも期待したいところ。オフェンスラインにも期待したい。

 レイダース関連

 RAIDERS IN 1976 (PART-1)

 RAIDERS IN 1976 (PART-2)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

WNBA_2009レギュラーシーズン終了_プレイオフへ

 WNBA2009。現地9月14日。

 WNBAがレギュラーシーズンを終え、プレイオフに。EASTでは、1位のインディアナ・フィーバーが独走。初のWNBAファイナル制覇も可能な勢い。3位のデトロイト・ショックが阻止するか。
 WESTは、1位のフェニックス・マーキュリーが攻撃力で独走。2位のシアトル・ストームが攻守に安定している。3位のロサンゼルス・スパークスは、終盤に連勝街道でプレイオフに。

 プレイオフは、EASTでは、Indiana Fever(1位)が強そう。今季、序盤から独走。EASTを制しそう。Feverを倒すなら、プレイオフ常連で、前半不振で、ここ最近調子をあげてきたDetroit Shock(3位)か。FeverKatie DouglasTamika Catchings他、選手層も充実。ShockDeanna Nolanに期待。

 WESTは、Phoenix Mercury(1位)が本命。超攻撃力は魅力的。Seattle Storm(2位)と終盤に好調だったLos Angeles Sparks(3位)のプレイオフ初戦は好カード。この3チームのいずれのチームにも、チャンスはありそう。Los Angeles SparksCandace Parkerがキーポイント握りそうな感じ。
 Mercuryは、Diana TaurasiCappie Pondexterの攻撃力、Stormは、Lauren JacksonSue Birdに注目、Sparksは、ParkerLisa Leslieに期待か。
 
 得点王は、Phoenix MercuryDiana Taurasi、20.4PPG、リバンド王は、Los Angeles SparksCandace Parker、9.8RPG、アシスト王は、Seattle StormSue Bird、5.8APG。…。

 一昨年WNBA関連

 WNBA_L・ジャクソン_ディフェンスMVP

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NFL_開幕_スティーラーズ連覇に白星発進_ブレイディマジック

 NFL2009-10。現地9月14日。

 ピッツバーグ・スティーラーズは、テネシー・タイタンズに辛勝。ランプレイの不調を、ベン・ロスリスバーガーのパスプレイで勝利に導いた。タイタンズは、FGの失敗が、最後まで響いた感じ。

 ニューイングランド・ペイトリオッツは、11点差を残り2分06秒から逆転。トム・ブレイディを軸とした、”ブレイディ・マジック”を披露。ランディ・モス、ウェス・ウェルカーのワイドレシーバー陣も活躍。

 オークランド・レイダースは、終始リードしながら、惜しくも敗れた。苦手意識のあるサンディエゴ・チャージャースに、ここまで戦えたのだから、今季は、期待できそう。若いRB陣に期待。

 昨季スーパーボウル覇者Pittsburgh Steelersは、Ben Roethlisbergerのパスプレイで勝利といえそう。43-33、363ヤード、1TDの活躍。ランプレイで36ヤードしか獲得できなった攻撃陣を補った。ラングロックの弱さが見えた試合。Tennessee Titansは、FGを2回失敗したのが最後まで響いた。3RDダウンコンバージョンが低いところを見ると、はやり、守備の試合といえよう。
 
 New England PatriotsTom Bradyが、最後の2ドライブで、11点差をひっくり返した。”Brady.Magic”というのか。Bradyは、53-39、378ヤード、2TD。最後のの2ドライブでは、14-12、112ヤード、2TD。WRのRandy Mossも12-141ヤード、Wes Welkerも12-93ヤード。BradyMossのホットラインは、復活の兆しがみえる。

 Oakland Raidersは、最近、LaDainian Tomlinson率いるSan Diego Chargersにまったく歯が立たなかったが、今日は、終始リードしながら惜しくも敗北。今季は期待。若手のRB陣、Darren McFaddenMichael Bushが活躍したので、今後に期待。

 Dallas CowboysTony Romoが27-16、353ヤード、3TDの大活躍。80ヤード、66ヤードの超ロングパスを決めている。レーティング140.6、1回のAVGが13.1ヤードと凄いスタッツ。

 Minnesota VikingsAdrian Petersonがランで25-180ヤード、3TDの大活躍。開幕戦で180ヤードは、チーム開幕戦新記録。キャリア17度の100ヤードゲームとなった。

 New Orleans SaintsDrew Breesが6TDパスを決めた。これは、チームタイ記録で2度目。1969年、Billy Kilmerが達成して以来。
 

 昨季NFL関連

 NFL_スティーラーズ_6回目のスーパーボウル制覇
 NFL_タイタンズ無傷の9連勝_各地区は

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MLB_イチローMLB新記録9年連続200安打

 MLB2009。現地9月13日。

 シアトル・マリナーズのイチロー選手が、テキサス・レンジャーズで、今季、200安打を達成した。従来の記録、イチローとウイリー・キーラーの8年連続記録を更新し、MLB新記録となった。

 Seattle MarinersIchiroが、今季、200安打を達成、9年連続200安打のMLB新記録を樹立。Willie Keeler(1894-1901年)とIchiroの8年連続200安打の従来の記録を更新した。

 連続シーズン200安打の記録上位

 9年 Ichiro 2001-2009年
 8年 Willie Keeler 1894-1901年
 7年 Wade Boggs 1983-1989年

 200安打の最多シーズンは10年で、Pete Roseが樹立している。
 
 過去のイチロー関連

 MLB_イチロー8年連続200安打_A・ロッド35本塁打記録更新
 MLB_イチロー快挙、マルチネス復活

| | Comments (2) | TrackBack (0)

MLB_ロバーツとバトラーが二塁打の記録で快挙

 MLB2009。現地9月9日。

 ボルチモア・オリオールズのブライアン・ロバーツと、カンザスシティー・ロイヤルズのビリー・バトラーが、二塁打での快記録を達成した。

 ロバーツは、今季、50二塁打を放ち、シーズン3度目。シーズン50二塁打以上3度は、史上4人目の快挙。73年ぶりのシーズン60二塁打にも期待がかかる。

 バトラーは、今季、1試合3二塁打を4度達成。シーズン4度は、快記録。

 Baltimore OriolesBrian Robertsが、今季、50二塁打を達成。シーズン50二塁打を3度達成。史上4人目の快挙。Tris SpeakerPaul WanerStan Musialが達成。Speakerは5度達成している。

 シーズン60二塁打の期待も高まる。過去6度達成されている。達成すれば、1936年のCharlie Gehringer以来の73年ぶりとなる。シーズン最多二塁打は、1931年、Earl Webbの67本。

 Kansas City RoyalsBilly Butlerが、今季、1試合3二塁打を4度達成。この記録は、1954年以降では、史上初の記録とされている。

 

 二塁打の快記録がこれだけ出るとは、珍しいシーズンといえる。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MLB_ジーターが球団安打数に並ぶ_ヤンキースの歴代リードオフマンは

 MLB2009。9月9日。

 ニューヨーク・ヤンキースのデレク・ジーターが通算2721安打を達成。チーム史上では、ルー・ゲーリッグの球団記録の2721安打に並んだ。通算安打数では、歴代53位タイになった。

 チームに3000本安打打者がいないのも不思議な感じもするが、チームは2野球の華”ホームランを意識したチーム作りをしてきたからなのだろうか。チームの通算安打数で、上位選手で、リードオフマンらしい選手は、ジーターと、チーム歴代10位のアール・コムスくらいか。純粋な1番打者は、コムスだろう。

 New York YankeesDerek JeterYankeesでキャリア安打数2721安打を放ち、”アイアンホース”Lou Gehrigの記録に並んだ。チームの歴代3位は、Babe Ruth、以下、Mickey Mantleと続く。
 ホームラン打者が多い。歴代安打数の上位選手でリードオフマンとしては、JeterEarle Combsくらいか。純粋な1番打者は、Combsだろう。

 Earle Combsは、1924年デビュー、RuthGehrig時代の1番打者。12シーズンで、100得点以上8回、通算打率.325。フルシーズン出場した年は、ほぼ、3割100得点を達成。200安打3回。チーでは、最高のトップバッターといえそう。1970年殿堂入り。
 デビューのシーズンは、24試合で4割をマーク、ケガでそのシーズンの残りを欠場。しかし、次の年から、大活躍。Yankeesでは、ウエイターになっていたと言われる。走らなくても、中軸が打ってくれるのを待てばいい、そんな状況だったらしい。
 素晴らしい活躍をしたトップバーターらしい。

 Jeterは、常に上位打線を打っていて、3番を打つケースもあった。リードオフマンとしては、チームでは、最高の選手。ぜひ、3000安打は達成してほしい。

 ジーター関連

 MLB_Dジーター、Cジョーンズが快記録

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MLB_イチロー2000安打_エンゼルス打撃好調

 MLB2009。9月6日現在。

 シアトル・マリナーズのイチロー選手が2000安打を達成。史上2番目の速さで達成。

 ロサンゼルス・エンゼルスの打撃が好調。ニューヨーク・ヤンキースに本塁打は遥かに及ばないものの、打率は1位。総得点も、ヤンキースに次いで2位…。

 Seattle MarinersIchiroが、MLBでのキャリア2000本安打を達成。1901年以降では、1402試合での達成は史上2位。1位は、Al Simmonsの1390試合、3位は、George Sislerの1414試合。以下Ty Cobb と続く。まさに、すごいメンバーですね。
 (1900年以前も含めると、Willie Keelerは、Al Simmonsより速いと思われる。Ed Delahantyは、Ichiroより速いと思われる。)

  Los Angeles Angelsは、チーム打率でリーグ断トツの首位、.287と高打率。New York Yankeesの214本塁打、チーム打率.282もすごい。

 Angelsは、Chone Figginsの打率.303、103得点、Kendry Moralesの打率.312、30本塁打、94打点、Bobby Abreuの打率.297、12本塁打、89打点、他、レギューラーの選手の多くが3割近い打率を残している。素晴らしい打線。スタメンは、ほぼ、3割近い打者がならび、どこからでも、得点できそう。
 総得点も、およそ30点差で2位。本塁打は149本と多くないが、1試合平均10安打、盗塁を含めた走塁で得点を量産している。

 総得点1位のYankeesは、214本塁打で、総得点首位。20本塁打以上7人のMLBタイ記録を作った、こちらも素晴らしい打線。

 イチロー関連

 MLB_イチロー8年連続200安打_A・ロッド35本塁打記録更新

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MLB_4割打者の比較

 MLB2009。

 1941年、テッド・ウイリアムズが打率.406を達成以降、4割打者がいない。接近した例もあるが、結局、マジックラインとされる4割には届かない。

 4割打者のシーズンを比較してみよう。

 1901年以降では、Nap Lajoieの打率.426が最高。1924年のRogers Hornsbyが打率.424で2位。

 4割達成回数では、Ty CobbHornsbyが3回、George Sislerが2回。

 本塁打、打点も多い4割の記録は、1922年のHornsbyが打率.401、42本塁打、152打点、1925年のHornsbyが打率.403、39本塁打、143打点、1941年、Ted Williamsが、打率.406、37本塁打、120打点。
 Hornsbyは、いずれも同時に三冠王を達成。この3例は素晴らしい記録といえそう。しかし、1920年以前は、本塁打がすくないので比較できないかもしれない。

 リーグの全体打率と4割打者を比較する。
 リーグ打率が.260台での4割は、1912年のCobb、1941年のWilliams。同じ年の他の打者と比較して遥かに高い打率を残したことになるだろう。
 リーグ打率が.270台での4割は、1901年のNap Lajoie、1911年のCobbJoe Jackson。この打者も、高いといえる。
 他の打者は、リーグ打率が.280以上である。

 この例でいくと、リーグ打率.230台で、打率.380くらいの打者も、かなりの高打率といえそう。(4割打者の条件に外れてしまうが。)

 1901年のNap Lajoieが、リーグ打率と比較して差の高い成績ではないかと思われる。リーグ打率.277とするなら、打率.426で、.149高いことになる。

 1900年以前には、もっと4割打者もいるが。

 記録特集関連

 20勝投手
 ホームラン記録のトピックス

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« August 2009 | Main | October 2009 »