« MLB_2009ナリーグ打点王争い | Main | MLB_イチロー2000安打_エンゼルス打撃好調 »

MLB_4割打者の比較

 MLB2009。

 1941年、テッド・ウイリアムズが打率.406を達成以降、4割打者がいない。接近した例もあるが、結局、マジックラインとされる4割には届かない。

 4割打者のシーズンを比較してみよう。

 1901年以降では、Nap Lajoieの打率.426が最高。1924年のRogers Hornsbyが打率.424で2位。

 4割達成回数では、Ty CobbHornsbyが3回、George Sislerが2回。

 本塁打、打点も多い4割の記録は、1922年のHornsbyが打率.401、42本塁打、152打点、1925年のHornsbyが打率.403、39本塁打、143打点、1941年、Ted Williamsが、打率.406、37本塁打、120打点。
 Hornsbyは、いずれも同時に三冠王を達成。この3例は素晴らしい記録といえそう。しかし、1920年以前は、本塁打がすくないので比較できないかもしれない。

 リーグの全体打率と4割打者を比較する。
 リーグ打率が.260台での4割は、1912年のCobb、1941年のWilliams。同じ年の他の打者と比較して遥かに高い打率を残したことになるだろう。
 リーグ打率が.270台での4割は、1901年のNap Lajoie、1911年のCobbJoe Jackson。この打者も、高いといえる。
 他の打者は、リーグ打率が.280以上である。

 この例でいくと、リーグ打率.230台で、打率.380くらいの打者も、かなりの高打率といえそう。(4割打者の条件に外れてしまうが。)

 1901年のNap Lajoieが、リーグ打率と比較して差の高い成績ではないかと思われる。リーグ打率.277とするなら、打率.426で、.149高いことになる。

 1900年以前には、もっと4割打者もいるが。

 記録特集関連

 20勝投手
 ホームラン記録のトピックス

|

« MLB_2009ナリーグ打点王争い | Main | MLB_イチロー2000安打_エンゼルス打撃好調 »

MLB」カテゴリの記事

Comments

1924年のRogers Hornsbyが打率.424で2位。・・・1924年のHornsbyが打率.403、39本塁打、143打点・・・とあります。どっちかが誤表記なんでしょうか?

Posted by: j.h | 09/06/2009 at 22:18

 j.hさん、コメントありがとうございます。そして、ご指摘ありがとうございます。
 正しくは、「1924年のHornsbyが打率.403…」は、「1925年のHornsbyが打率.403、39本塁打、143打点…」です。記事内容を修正します。

Posted by: robin | 09/07/2009 at 01:06

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186149/46101828

Listed below are links to weblogs that reference MLB_4割打者の比較:

« MLB_2009ナリーグ打点王争い | Main | MLB_イチロー2000安打_エンゼルス打撃好調 »