« December 2009 | Main | February 2010 »

NBA_シャックが史上5位の28000得点

 NBA2009-10 1月19日。

 クリーブランド・キャバリアーズのシャキール・オニールが、通算得点で28000を超え、20014得点。NBA史上5人目の28000得点の選手に。
 過去には、カリーム・アブドゥル・ジャバー、カール・マローン、マイケル・ジョーダン、ウィルト・チェンバレンと、歴代の名選手ばかり。

 Shaquille O'Nealが、史上5人目の28000得点を達成。
 過去の選手では、Kareem Abdul-JabbarKarl MaloneMichael JordanWilt Chamberlain。4人とも30000得点を超えている。
 Abdul-Jabbarは、「生きる伝説」のプレイヤー。
 Karl Maloneは、メールマンで、常にゴールを量産。
 Jordanは、NBAの神様。途中での引退がなければ、もっと伸びたはず。
 Chamberlainは、伝説のプレイヤー。1試合100得点。 

 ABA時代の記録を含めると、Julius ErvingMoses Maloneは、NBAとABAの通算で28000得点を超えている。Ervingは30000得点を超えている。 …。

 関連

 NBA_SHAQ_25000得点!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MLB_ウィルバー・ウッド

 ウィルバー・ウッドは、元シカゴ・ホワイトソックスのエース。1973年に、24勝20敗と、アリーグで20勝20敗を達成した最後の選手。通算成績でも、164勝をあげている。当時は、タフな投手という印象がある。 

 Wilbur Woodは、1970年代のシカゴ・ホワイトソックスのエース。通算164勝、1971年から4年連続20勝以上を記録。

 1973年には、24勝20敗という、アリーグで、シーズン20勝20敗の最後の達成選手。49試合先発というのも凄い。アリーグの20勝20敗投手は、1916年のWalter Johnson(25勝20敗)以来。Woodは、最初、中継ぎ、クローザーの投手だっただけに、タフな投手。

 ナリーグは、Philip Niekroが1979年に、21勝20敗を記録している。

 1973年は、DH制の最初の年で、そんな影響もあるのか。この年は、アリーグで12人の20勝投手。これは、アリーグ記録となっている。

 関連

 20勝投手

| | Comments (1) | TrackBack (0)

NBA_前半戦_WESTが大混戦

 NBA2009-10。 

 NBAは、ほほ40試合くらいが終了。WESTカンファレンスは、大混戦になった。

 ロサンゼルス・レイカーズは、以前好調を維持してWESTの首位にいる。2位以下は大混戦。WEST15チーム中11チームが5割以上。サウスウエストDIVは、全チームが5割以上。ノースウエストDIVも5チーム中4チームが5割以上。

 サウスウエストDIV
 Dallas MavericksSan Antonio Spursが1歩抜け出ているが、他の3チームも5割を超えている。特に、Memphis Grizzliesの健闘が光る。

 ノースウエストDIV
 Denver Nuggets、怪我人続出のPortland Trail Blazersが1歩抜け出ている。しかし、4チームが5割超え。Oklahoma City Thunderは、若手の急成長で、5割を超えて、上位進出を狙う。

 パシフィックDIV
 Los Angeles LakersPhoenix Sunsがリード。3位の5割に接近しているLos Angeles Clippersの健闘も光る。

 WEST全体で見ると、現在8位は、Thunder。12位のClippersとは3.5ゲーム差の混戦。今後の展開が気になる。

 関連

 NBA_序盤戦_マーベリックスとブレイザーズは勝ち越しスタート

| | Comments (2) | TrackBack (0)

MLB_A・ド-ソンが殿堂入り_2010

 MLB2010。 

 元モントリオール・エクスポス、シカゴ・カブスのアンドレ・ドーソンが、MLB2010の殿堂入り。資格9年目で420票(77.9パーセント)を獲得。
 300本塁打300盗塁達成者の6人のうちの一人。

 Andre Dawsonが、539票中420票、77.9パーセントの得票で殿堂入り。
 通算、打率.279、438本塁打、1591打点、314盗塁。攻走守を兼ね備えた選手。MVP1回、新人王、本塁打王1回、打点王1回。ゴールドグラブ賞の常連。
 300本塁打300盗塁2000安打クラブの4名のうちの一人。
 1987年、49本塁打、137打点で、二冠王、MVP。この年は圧巻。

 Bert Blylevenは5票及ばず、Roberto Alomarは8票及ばす、殿堂入りはならなかった。来季は、この2人が有力か。

 関連

 MLB_殿堂入り_レッドソックスの至宝ジム・ライス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NFL_2009_10レギュラーシーズン終了

 NFL2009-10。 

 NFLのレギュラーシーズンが終了。AFCは、インディアナポリス・コルツが第1シード、NFCは、ニューオーリンズ・セインツが第1シードでプレイオフを迎える。

 連覇を狙ったピッツバーグ・スティーラーズは、ワイルドカードも逃して、連覇ならず。

 テネシー・タイタンズのRB、クリス・ジョンソンが、今季ランで2006ヤードとし、史上6人目の年間2000ヤードラッシャーとなった。

 Indianapolis ColtsがAFCの第1シード、New Orleans SaintsがAFCの第2シード。この2チームが中心となってプレイオフが戦われそう。ただ、両チームとも、全勝街道のあとの敗北。控え選手を出したり、調整したりしているのだろうが、やはり、負けクセは、あまりいいものではないのでは。プレイオフは、混戦が予想される。

 Pittsburgh Steelersは、連覇ならず、プレイオフも進出できなかった。あと1勝していれば良かったのだが。AFCのカンファレンス成績で進出できず。

 Cincinnati Bengalsのプレイオフ進出は、3年くらい前からすれば当然か。QBCarson Palmer、WRChad Ochocincoのホットラインは期待。

 Oakland Raidersは、今季も、攻撃力不足。ただし、QBに期待できそうな選手が。

 Tennessee TitansのRB、Chris Johnsonが、最終戦ラン獲得134ヤード、今季2006ヤードとして、史上6人目の快挙達成。シーズン2000ヤードは、過去5人。Eric DickersonJamal LewisBarry SandersTerrell DavisO.J. Simpsonが達成。素晴らしいRBの仲間入り。

 Jamaal CharlesFred Jacksonの2人のRBが1ゲームで200ヤードを突破。後半はRBの活躍が目立った。

 関連

 NFL_スティーラーズ_6回目のスーパーボウル制覇

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« December 2009 | Main | February 2010 »