« February 2010 | Main | April 2010 »

NBA_サンズがプレイオフへ_リーグ屈指の攻撃力は魅力

 NBA2009-10。3月30日。

 WESTのフェニックス・サンズがプレイオフの進出を決めた。8連勝で、一気に決めた。48勝25敗。カンファレンスで5位以内に入りそう。魅力は、攻撃力。リーグで1試合平均110.5点、2位のチームを2点近く離して首位。

 Phoenix Sunsがプレイオフ進出を決めた。WESTでは5チーム目。プレイオフに進みそうなチームでは、断トツの攻撃力。守備は、ちょっと、…。プレイオフでも、トラジションゲームに持ち込めば、勝機もありそう。

 Steve NashAmare Stoudemireが中心。Nashは、16.6PPG、11.1APG、Stoudemireが、22.9PPG、9.0RPG。(記録は2010年3月30日現在。)
 Jason RichardsonLeandro Barbosaの攻撃力にも期待。少しベンチスタートの選手層が薄い感じが。
 注目は、Grant HillChanning Fryeかな。Hillの全盛期、トリプルダブルを何度も達成したころが懐かしい。爆発力をプレイオフだけでも、再現して欲しいもの。Fryeは、New York Knicks時代のようなプレイに戻りつつある。プレイ時間もスタッツも上昇。・・・。

 Sunsは、チーム状態がよければ、勝ち進めそうな感じが。ここに来ての8連勝が、プレイオフまで繋がれば、ディフェンス以上に、攻撃力が勝れば。…プレイオフは、ディフェンスがいいチームが勝ちあがって行くが、しかし、Sunsは、自慢のオフェンスで勝機を見出したいところ。

 NBA関連

 NBA_セルティックスとホークスがプレイオフ進出

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MLB_ゲイロード・ペリー_300勝投手

 MLB。

 ゲイロード・ペリーは、MLBの300勝投手。通算314勝、265敗。通算奪三振3534。両リーグで最初にサイヤング賞を受賞した投手。

 Gaylord Perryは、1972年にアリーグサイヤング賞、1978年にナリーグサイヤング賞を受賞。MLBで、最初に両リーグサイヤング賞受賞投手。
 兄のJames Perryも215勝あげている。

 Gaylord Perryは、奪三振の多い投手。1983年には、MLB3番目に、三振の金字塔Walter Johnsonの3508奪三振を超えた。この年は、ライバルのNolan RyanSteve Carltonも三振の金字塔を超えている。

 1974年は、15連勝の記録を樹立。この年も、オールスターまでは、サイヤング賞最有力候補に挙げらえていたが、後半に負けが込んだ。惜しいシーズンだった。

 1968年にノーヒットノーランを達成、史上15人目の300勝投手。全盛期は、安定感抜群の投手。…。

 MLB関連

 MLB_ウィルバー・ウッド

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NBA_セルティックスとホークスがプレイオフ進出

 NBA2009-10。3月24日。

 ボストン・セルティックスとアトランタ・ホークスのプレイオフ進出が決定。両チームとも3季連続でプレイオフへ。そして、両チームとも、強豪チームに勝利した。

 セルティックスは、デンバー・ナゲッツに快勝。ポール・ピアース、ケビン・ガーネット、レイジョン・ロンドが活躍。
 ホークスは、オーランド・マジックに勝利。最後は、ジョー・スミスがダンクを決めて勝利。

 Boston Celticsは、素晴らしいゲームを展開。Paul PierceKevin Garnettが20P以上を記録。Rajon Rondoは、11P11R15Aで、今季2度目のトリプルダブル。2010年1月10日にも、22P10R13Aで、達成している。今季は、序盤は好調だったものの、中盤に負けが込んだ。最近、調子を取り戻しつつあるチーム。

 Atlanta Hawksは、自チームのシュートミスをカバーしたJosh Smithが、そのままダンクを決めて、終了間際の決勝ゴールとなった。今季は、終始安定した成績を残した。46勝25敗と好成績。プレイオフも3強に挑む戦いを期待。

 Orlando MagicDwight Howardは24Rで、シーズン最多、今季8度目の20R以上を記録した。

 NBA関連

 NBA_前半戦_WESTが大混戦

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NHL_セラニ通算600ゴール_歴代18人目

 NHL2009-10。3月21日。

 アナハイム・ダックスのテーム・セラニが、NHL通算600ゴールを達成。歴代18人目の快挙。

 2005年ころ、ポール・カリヤとのコンビが期待された。2006-07年に、チームは初のスタンリーカップ制覇。

 セラニは、新人の頃から活躍、NHLの新人記録を持っている。

 Anaheim DucksTeemu Selanneが、通算600ゴール達成。歴代18人目。1177試合目で達成。600ゴール、648アシスト、1248ポイント。

 Selanneは、新人の年、76ゴールで、この記録は新人の記録として今でも君臨している。

 バンクーバー五輪でも、記録を達成。

 今季のNHL、チームはプレイオフ出場までちょっと厳しい状況であるが、なんとか頑張ってほしいところ。

 セラニ関連

 セラニ_五輪通算ポイントタイ記録

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NCAA_2010男子バスケットトーナメント開幕

 NCAA2010男子バスケット。3月18日。

 NCAA_2010男子バスケットボールトーナメントが開幕した。凄く人気のあるトーナメント。熱狂的なファンで溢れていることだろう。

 4つの地区に分かれているが、各地区のランク1位は、ケンタッキー大学、カンザス大学、シラキュース大学、デューク大学。

 ケンタッキー大学、カンザス大学は、貫録勝ちというところ。明日、シラキュース大学、デューク大学が登場する。

 オハイオ大学がジョージタウン大学に勝ってアップセット(番狂わせ)。

 Kentucky(East1位)は、100対71で勝利。Eric Bledsoeが3PFGを8本決める快挙。チーム記録を更新。過去、トーナメントでは、Tony Delkの7本の記録を抜いた。

 Kansas(Midwest1位)も90対74で勝利。リバウンドとFG%で圧倒。

 Ohio(Midwest14位)がGeorgetown(Midwest3位)に97対83で勝利、アップセットの試合となった。

 Murray St(West13位)がVanderbilt(West4位)に66対65で勝利。ブザービータでの勝利。

 NCAA関連

 NCAA_コネチカット大学71連勝の新記録

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NHL_2010キャピタルズ独走

 NHL2009-10。3月14日。

 NHL、ワシントン・キャピタルズが、イーストカンファレンスで独走。サウスイースト地区での優勝を決めている。現時点で、NHLのプレイオフ進出が決まっているのはキャピタルズのみ。今季の攻撃力はリーグNO1。初のスタンレーカップ獲得なるか。

 Washington Capitalsは、69ゲーム時点で、46勝14敗、OLT9(延長戦で負け)で、101ポイントで、リーグ断トツの首位。地区優勝を決めて、プレイオフ進出が決まっている。

 スタープレイヤーAlex Ovechkinが44G52Aで96P、Nicklas Backstromが28G55Aで83P。他、Mike GreenAlexander Seminが70Pに近い。(記録は3月14日現在)

 2004年ドラフト指名のOvechkinJeff SchultzGreenらが活躍している。Schultzが+/-で37、Ovechkinに次ぐ値も立派。

 強敵は、Pittsburgh Penguinsなどか。PenguinsSidney CrosbyEvgeni Malkinが主軸。

 OvechkinMalkinはともにロシアで、期待されたバンクーバーでは、あまり活躍できなかった。

 Capitalsは、1997-98年にカンファレンスで優勝、スタンレーカップは出場しているが、敗退。今季は、スタンレーカップを制覇したいところ。

 Capitalsの今季は、抜群の攻撃力。チーム得点は、カンファレンス内では2位を50P以上離して1位。リーグ内でも、2位に40P以上離している。今季は、全米NO1のチャンス。

 NHL関連

 NHL_2009スタンレーカップ_レッドウィングス対ペンギンズ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NBA_ブレイザーズ13点差から逆転勝利

 NBA2009-10。3月11日。

 ポートランド・トレイルブレイザーズが4Qに13点差を逆転。110対105で勝利。ブランドン・ロイの41点は素晴らしい。4Qには、ラマーカス・オルドリッジ、ルディ・フェンルナデスが大活躍。チームは39勝28敗。勝ち越しを11とした。プレイオフへ前進。

 Portland Trail Blazersは、3Qまでに13点差を付けられていたが、見事な逆転勝ち。4Qの開始早々は、LaMarcus Aldridgeが6Pで追い上げ、Rudy Fernandezの連続3PFGで同点に。その後、得点が動かなくなったが、相手ファウルにも助けられ、逃げ切った。

 Brandon Royの41Pは、今季2番目の記録。今季42Pが最多で、41Pは2試合目。

 Blazersにとっては、貴重な勝利となった。ロードでの逆転勝利。11の勝ち越しで、プレイオフへ前進。オフェンスリバンドは22は、今季最多記録。

 Golden State Warriorsは、リバンドを取れなったのと、ファウルトラブルで敗北か。主力Corey MaggetteMonta Ellisが6PF。

 ブレイザーズ関連

 NBA_ブレイザーズ_36勝目2桁勝ち越しまであと1勝

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NCAA_コネチカット大学71連勝の新記録

 NCAAバスケットボール女子。3月8日。

 NCAAバスケット女子、ディビジョンⅠ、コネチカット大学が、ノートルダム大学に勝って、71連勝を達成。NCAAバスケットボール女子の記録を更新した。従来は、自らのチ-ムが持っていた記録の70連勝。

 Connecticut Univ(UConn)は、Notre Dame Univに59-44で勝利し、71連勝として、自らのチームが持つNCAA記録(70連勝)を更新した。
 2008年から連勝を続け、快挙を達成。

 従来は、同じConnecticut Univ(UConn)の70連勝。これは、2001年から2003年の間に達成された。

 NCAAバスケット男子では、UCLAが、88連勝という記録がある。1971年から1974年。

 Connecticut Univ(UConn)が勝ったこの試合の59得点は、71連勝中のゲームで、最少得点となった。ちょっと、珍しい。

 今後も、連勝街道を続けるのか。期待。

 女子バスケット関連

 WNBA_マーキュリーが2度目のファイナル制覇

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NBA_マーベリックス11連勝_スター軍団に

 NBA2009-10。3月6日。

 ダラス・マーベリックスが11連勝で地区首位をキープ。ファイナルに向けて前進。チームは、スター軍団になった。ダーク・ノビツキー、ジェイソン・キッド、ショーン・マリオン、カレン・バトラー。それに、新人のロドリッグ・ビーボイスが20得点以上をマーク。

 Dallas Mavericksが11連勝。3シーズン前の2006-07年に、NBA最高勝率を残しながら、ファイナルに進めなかった、絶対的に強かった頃。2005-06年は、ファイナルに進んだ。その頃よりも、今の方がいいメンバーかも。

 センターは、通常Brendan HaywoodErick Dampierであるが、ケガのためDirk Nowitzkiがセンターに。PFには、Shawn Marion、SFには、Caron Butler、PGはJason Kidd。SGには、Rodrigue Beauboisが代役で、FG%も高く、2試合連続20P以上をマーク。Jason Terryがケガから復帰してくれれば、ベストメンバーに。

 Nowitzkiがセンターに入ると、得点力のあるメンバーが組める。シュート力のあるメンバーが揃った感じがする。Beauboisが入ると凄い攻撃陣。

 HaywoodDampierのセンターが戻ってたら、BeauboisTerryがベンチから攻撃を支えることが出来る。これも、すごい攻撃陣。これからが楽しみ。

 マーベリックス関連

 NBA_マーベリックスがライバルを倒して1ROUND突破

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MLB_1980年代の盗塁アスリート

 MLBの1980年代は、盗塁数が多い。多くの俊足選手が活躍した。中でも、リッキー・ヘンダーソンが群を抜いている。そして、ヴィンス・コールマン、ティム・レインズなどが素晴らしい記録を作った。

 Rickey Hendersonは、1982年に130盗塁のMLB記録を達成。他、1980年に100盗塁。1985年80盗塁、1986年87盗塁、1988年93盗塁など。通算盗塁でもNO1。

 Vince Colemanは、新人の年から100盗塁以上を3年連続マーク。1985年に110盗塁、1986年に107盗塁、1987年に109盗塁。

 Tim Rainesも、1981年の短縮シーズンで88試合で71盗塁、1983年に90盗塁。6年連続70盗塁以上をマーク。

 他にも、Ron Lefloreが97盗塁、Omar Morenoが96盗塁、Eric Davisも80盗塁と、素晴らしい記録が多い。

 MLB関連

 MLB_殿堂入り_リッキー・ヘンダーソン

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NBA_ウェイドとウエストブルックが30得点10アシスト

 NBA2009-10。2010年、3月2日。

 マイアミ・ヒートのドウェイン・ウェイドが35得点12アシストの30得点10アシストを達成。
 オクラホマシティ・サンダーのラッセル・ウエストブルックが30得点13アシストの30得点10アシストを達成。
 2人とも勝利に貢献。30得点10アシストとなると、かなりの得点に絡んでいる。

 Miami HeatDwyane Wadeが35P12Aで、30P10Aを達成。今季5度目の30P10Aとなり、今季リーグ内では2番目に多い。今季は、26.2PPG、6.5APG、Wadeにしてみれば、キャリアアベレージか。

 Oklahoma City ThunderRussell Westbrookも30P13Aで、30P10Aを達成。今季5度目の30P10Aとなる。2年目で、素晴らしい選手に成長。今季は、16.7PPG、7.9APGと素晴らしい成績。Thunderの快進撃の一人である。

 今季、30P10Aの最多達成選手は、Cleveland CavaliersLeBron Jamesの8度。オールラウンドプレイヤー。背番号の話題になるが、LeBron Jamesは、背番号を6番に変えるらしい。6番も、往年の選手が、多くいるが。

 NBA関連

 NBA_サンダーのデュラントとウエストブルックが快記録

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NBA_ブレイザーズ_36勝目2桁勝ち越しまであと1勝

 NBA2009-10。2010年、3月1日。

 ポートランド・トレイルブレイザーズが、メンフィス・グリズリーズに勝利して、36勝27敗、勝ち越し2桁まで、あと1勝となった。カンファレンス内では8位、プレイオフぎりぎりの圏内。

 試合は、3Qに猛攻で逆転で勝利。しかし、今季は、怪我人続出で、ロースターを1名追加登録の特別免除をもらった。ここまでは、苦しいシーズンだった。若手を放出して、実績あるセンターを獲得して、なんとか凌いでいる感じがする。しかし、若手の放出は、残念な気もする。

 Portland Trail Blazersは、今季、ケガ人が多く、特に、センターのGreg OdenJoel Przybillaの欠場が大きい。ベテランのJuwan Howardがセンターに起用され、なんとか凌いだ。最近、実績のある長身選手Marcus Cambyを獲得。6THマン、ベンチの期待された選手の放出は、ちょっと、残念。

 Brandon Royも、オールスター選出されながら、ケガで辞退。Nicolas BatumRudy Fernandezもケガで、かなり欠場した。

 残り19試合、なんとか、勝ち越しを12から14くらいまで伸ばしたいところ。そうすれば、WESTの8位は確保できそうな感じ。 
 残りの対EAST戦は、本拠地なので、負けたくないところ。対WEST戦は、相手本拠地が多いので、5割で乗り切りたいところ。確実に勝てそうな相手には、取りこぼさないことが大切かな。

 ブレイザーズ関連

 NBA_A・ミラーが52得点_チームで5人目6度目の50得点以上

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バンクーバー五輪_カナダ_金メダル獲得新記録

 バンクーバー、2010。

 開催国カナダが金メダルラッシュで、14個を獲得。冬季五輪の歴代の開催国の金メダル獲得数を更新。そして、冬季五輪の歴代の金メダル獲得数をも更新した。

 開催国のCanadaが、アイスホッケーで金メダルを獲得し、14個となり、冬季五輪の開催国の金メダル獲得数歴代1位となった。
 従来は、2002年のUnited States、1994年のNorwayの10個が最多。

 14個の金メダル獲得は、1976年のSoviet Union、2002年のNorwayの13個を超え、歴代最高となった。
 
 地元開催でプレッシャーもあるだろうが、声援を受けるのでいい結果に繋がることも。

 本当に、Canadaは、強かった。メダル総数でも26個で、United StatesGermanyに次いで3位。金メダル数では、断トツの首位。
 アイスホッケー決勝、延長で、Sidney Crosbyの決勝ゴールが象徴しているような気がする。

 五輪

 五輪_アイスホッケー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2010 | Main | April 2010 »