« 陸上ダイヤモンドリーグ2010_種目別覇者 | Main | WNBA_Lジャクソン_3度目のシーズンMVP »

MLB_ナリーグ防御率争いは激戦_0.1差内に6人

 MLB2010。2010年8月31日。

 ナリーグの投手タイトル、防御率争いは激戦。アトランタ・ブレーブスのティム・ハドソンが、防御率2.24でトップ、6位のセントルイス・カージナルスの新人投手、ハイメ・ガルシアが、防御率2.33で、6位までは0.09差という、僅かな差。今後の楽しみになりそう。

 4位のサンディエゴ・パドレスのマット・ラトスも2年目、ガルシアと共に若い選手。他の4人は、実績のある投手。最終戦まで、デッドヒートが展開されそう。

 2010年8月31日現在。

 Tim Hudson 2.24
 Roy Halladay 2.27
 Josh Johnson 2.28
 Mat Latos 2.29
 Adam Wainwright 2.30
 Jaime Garcia 2.33

 HudsonHalladayが実績はトップクラス。JohnsonWainwrightは、近年、成績が良い。投球回数の関係で行くと、LatosGarciaは少ないので、今後の投球内容次第では、防御率の変化が最も激しくなる。

 ナリーグの投手成績がいいのも頷ける。タイトルを狙うなら、気持ちでは、無失点で抑えないと、そんな意気込みでないと獲れそうにない。

 MLB

 MLB_2009個人タイトル

|

« 陸上ダイヤモンドリーグ2010_種目別覇者 | Main | WNBA_Lジャクソン_3度目のシーズンMVP »

MLB」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186149/49315335

Listed below are links to weblogs that reference MLB_ナリーグ防御率争いは激戦_0.1差内に6人:

« 陸上ダイヤモンドリーグ2010_種目別覇者 | Main | WNBA_Lジャクソン_3度目のシーズンMVP »