« December 2011 | Main | February 2012 »

NFL_NHL_2011-12_オールスター戦が同じ日に

 2012年1月29日。NFL2011-12。NHL2011-12。

 NFLのオールスター戦、プロボウルが行われた。今年のシーズンを象徴するかのようなパスゲームの試合。

 NHLのオールスター戦も行われた。こちらも、12対9という、レギュラーシーズンでは、ありえないようなスコア。

 どちらも、守備が甘くなるということがあるから、ハイスコアのゲームになった。

 NFLのオールスター戦は、AFCが59対41というハイスコアゲームで勝利。
 AFCのWRBrandon Marshallがパスレシーブで176ヤード、4TDの大活躍。4TDは、プロボウル記録となった。
 NFCのWRLarry Fitzgeraldもパスレシーブで3TDの活躍。ランまたはパスレシーブで3TD以上は、プロボウル史上6人目になる。
 両チームで、3TD以上が2人というのも、2000年のプロボウル以来となる快挙。

 NHLのオールスター戦は、Team CharaTeam Alfredssonに12対9で勝利。ディフェンスが甘いのだろうと思われるが。
 過去にも、オールスター戦は、全イースト対全ウエストでない場合もある。今回もキャプテンの名前なのか。
 Marian Gaborikが3G、1Aの活躍でMVP。

 関連記事
 NFL_ブリーズがシーズンパス獲得ヤード記録を更新_ロジャースのレイテイングは

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NFL_2011-12_スーパーボウルは因縁の対決

 2012年1月23日。NFL2011-12。

 NFLのプレイオフ、カンファレンスプレーオフが行われた。2試合とも、接戦となった。

 スーパーボウルは、アメリカン・カンファレンス(AFC)王者のニューイングランド・ペイトリオッツ対ナショナル・カンファレンス(NFC)王者のニューヨーク・ジャイアンツ。

 この対決は、2007-08にも行われており、ペイトリオッツは、1972年シーズンのドルフィンズ以来となる全勝でのスーパーボウル制覇を逸した試合となった。

 New England Patriotsは、Tom Bradyのパスプレイで、抜群の得点力を持っている。本来の力を発揮すれば、勝算はありと見ている。

 New York Giantsは、Eli ManningがQB、ランプレイも強いと見る。ディフェンスでは、やや、有利と思える。それに、不思議と、プレイオフには強い感じがする。不気味な力を持っている。

 今年のスーパーボウルは、どうなるか、楽しみ。

 そして、その前の週には、プロボウル(オールスター戦)がある。こちらも、楽しみである。

 関連記事
 NFL_ブリーズがシーズンパス獲得ヤード記録を更新_ロジャースのレイテイングは

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NFL_2011-12_ディビジョナルプレーオフ

 2012年1月16日。NFL2011-12。

 NFLのプレイオフ、第2ラウンドのディビジョナルプレーオフが行われた。波乱のあったこのシリーズとなった。

 NFCでは、QBドリュー・ブリーズ率いるニューオーリンズ・セインツが、好守備のサンフランシスコ・49ERSに敗れた。
 今季NFL最高の成績でレギュラーシーズンを終えたグリーンベイ・パッカーズがニューヨーク・ジャイアンツに敗れた。

 AFCは、順当なのかもしれない。ニューイングランド・ペイトリオッツ対デンバー・ブロンコスは、ペイトリオッツが勝利。ボルチモア・レーベンズ対ヒューストン・テキサンズは、レーベンズが勝利。

 NFC、AFCともに、次週、決勝が行われ、スーパーボウルの出場チームが決まる。予想はしにくい感じが。

 New Orleans Saintsは、序盤にリード許し、劣勢ながら、最後の4Qに逆転するが、San Francisco 49ersの最後の劇的なプレイに敗れ去ってしまった。

 Green Bay Packersは、優勢を伝えられながら、ターンオーバーやパスレシーブミスなどが多く、New York Giantsは、逆に、攻撃陣が奮闘。Packersの連覇ならず。

 New England Patriotsは、自慢の攻撃陣が好調、Tom BradyがパスTDの新記録を打ち立てるなど、終始試合をリードした勝利。

 Baltimore Ravensは、自慢の守備陣が頑張って、大事な場面で好守を見せての勝利。

 関連記事
 NFL_ブリーズがシーズンパス獲得ヤード記録を更新_ロジャースのレイテイングは

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NFL_2011-12_ワイルドカードプレーオフ

 2012年1月8日。NFL2011-12。

 NFLは、プレイオフが、始まった。ここからは、サデンドスの戦い、負けたら終わりの厳しい戦い。
 シーズンパス獲得ヤード記録を更新したQBドリュー・ブリーズ率いるニューオーリンズ・セインツが、シーズン5000ヤードを突破したQBマシュー・スタッフォード擁するデトロイト・ライオンズが対決。ブリーズのパスが冴えて、セインツが勝利。
 他、ヒューストン・テキサンズが、チーム初のプレイオフでの勝利。地元の利を生かして、ニューヨーク・ジャイアンツとデンバー・ブロンコスが勝ち上がった。
 
 次週のデビショナル・プレイオフ(カンファレンス準決勝)は、AFCが、ニューイングランド・ペイトリオッツ対デンバー・ブロンコス、ボルチモア・レーベンズ対ヒューストン・テキサンズ。NFCが、グリーンベイ・パッカーズ対ニューヨーク・ジャイアンツ、サンフランシスコ・49ERS対ニューオーリンズ・セインツとなった。

 注目は、サンフランシスコ・49ERS対ニューオーリンズ・セインツ戦か。

 New Orleans Saintsは、前半にリードを許すも、後半に、Drew Breesのパス攻撃が冴え、デフェンス陣も、インターセプトを奪って勝利。Breesは、466ヤードのパスを記録した。

 Houston Texansは、リーディングラッシャーになったこともあるエースRBArian Fosterの153ヤード、2TDの活躍。チーム創設初のプレイオフでの勝利と、新しい歴史を加えた。RBBen Tateも素晴らしい選手だけに、驚異のRBコンビは、今後の相手チームには、不気味な存在となるだろう。

 Denver Broncosは、QBTim Tebowが、パスで21-10で316ヤードを記録。最後は、延長戦で、80ヤードパスで勝利を決めた。Tebowマジックとでも、いうのだろうか。

 New York Giantsが、地元の利を生かして勝利。

 関連記事
 NFL_ブリーズがシーズンパス獲得ヤード記録を更新_ロジャースのレイテイングは

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2011 | Main | February 2012 »