« March 2012 | Main | May 2012 »

NBA_2011-12レギュラーシーズン終了

 2012年4月26日。NBA2011-12。

 NBA_2011-12は、レギューラーシーズンが終了。今季は、66試合の短縮シーズンとなった。多少ハードスケジュールとなったために、選手も疲労が多かったかもしれない。HCは、選手起用や温存などを考えたシーズンだったかもしれない。

 イーストは、シカゴ・ブルズが第1シード、ウエストは、サンアントニオ・スパーズが第1シード。

 プレイオフの予想は、第1シードが本命と言いたいところですが、かなり激戦・混戦となりそう。

 シャーロット・ボブキャッツは、7勝59敗、勝率.106で、NBAのレギューラーシーズンワースト記録を更新した。

 EAST、レギュラーシーズン順位
1.  Chicago 
2.  Miami
3.  Indiana 
4.  Boston 
5.  Atlanta 
6.  Orlando
7.  New York
8.  Philadelphia

 WEST、レギュラーシーズン順位
1.  San Antonio   
2.  Oklahoma City   
3.  LA Lakers   
4.  Memphis   
5.  LA Clippers   
6.  Denver   
7.  Dallas  
8.  Utah

 個人記録 
 得点王 Kevin Durant 28.0PPG
 リバウンド王 Dwight Howard 14.5RPG
 アシスト王 Rajon Rondo 11.7APG

 関連記事
 NBA_Rロンドがトリプルダブル_史上3人目の快挙

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MLB_P・ハンバーが史上21人目の完全試合_速い記録

 2012年4月21日。MLB2012。

 シカゴ・ホワイトソックスのフィリップ・ハンバーが完全試合(パーフェクトゲーム)を達成。偉大な記録を打ち立てた。

 9イニングで、96球で、9奪三振。チームでは3人目の快挙。通算勝数が12勝は史上2位の少なさ。通算30試合目の先発で達成は史上3位の速さ。

 完全試合(パーフェクトゲーム)は、近代野球で19人目、近代野球以前で2人達成している。

 Chicago White SoxPhilip Humberが、パーフェクトゲームを達成。

 Roy Halladay以来の達成(2010年)。

 チームでは、Charlie RobertsonMark Buehrleについで3人目。

 Humberは、通算12勝目で達成しているが、これは、史上2位の少ない勝ち数。1位は、Charlie Robertsonの2勝目。これは、2勝目がパーフェクトゲームとなっている。

 Humberは、通算30試合目先発で達成しているが、これも、史上3位の最短記録(少ない記録)。Charlie Robertsonの5試合目、Lee Richmondの22試合目となっている。

 関連記事
 MLB_ハラディー完全_チームではバニング以来の快挙

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« March 2012 | Main | May 2012 »