MLB_A・ロッドヤ軍で300号_ヤ軍は6人目で史上最多

 2012年9月7日。MLB2012。

 ニューヨーク・ヤンキースのアレックス・ロドリゲスが、ヤンキースで通算300本塁打を記録。これは、チームでは、6番目の記録。

 これで、ヤンキースは、チームで通算300号は6人目の選手となり、MLB新記録。ボストン・レッドソックス、アトランタ・ブレーブスの5人と並んでいたが、単独1位となった。

 在籍チームで300本塁打以上の選手の多いチーム

 NewYork Yankees 6人
 Babe Ruth
 Mickey Mantle
 Lou Gehrig
 Joe DiMaggio
 Yogi Berra
 Alex Rodriguez

 Boston Red Sox 5人
 Ted Williams 
 Carl Yastrzemski 
 Jim Rice 
 Dwight Evans 
 David Ortiz

 Atlanta Braves(Milwaukee Braves、Boston Bravesなどを含む) 5人
 Hank Aaron
 Eddie Mathews
 Chipper Jones
 Dale Murphy
 Andruw Jones

 MLB_A・ロッドが歴代タイの通算23本目の満塁本塁打

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MLB_A・ロッドが歴代タイの通算23本目の満塁本塁打

 2012年6月12日。MLB2012。

 ニューヨーク・ヤンキースのアレックス・ロドリゲスが、通算23本目の満塁本塁打を記録。過去、同じニューヨーク・ヤンキースのルー・ゲーリッグの記録と並んだ。

 満塁本塁打23本の金字塔の記録も並ばれた。ロドリゲスは、通算本塁打639本となり、5位のままであるが、4位の660本まで、あと21本。

 以下は、満塁本塁打の記録

 通算満塁本塁打記録
Lou Gehrig 23本
Alex Rodriguez 23本
Manny Ramirez 21本
 他、ナリーグでは、Willie McCoveyの18本が最多。

 シーズン満塁本塁打記録
Don Mattingly 6本
Travis Hafner 6本
 他、ナリーグ記録は、Ernie BanksAlbert Pujolsの5本。

 1試合満塁本塁打記録
多数 2本

 1イニング満塁本塁打記録
Fernando Tatis 2本 

 Tatisの1イニング2満塁本塁打は奇跡的な記録と言えそうですね。
 Ramirezにもチャンスがあると思うが、どうだろうか。

 関連記事
 MLB_P・ハンバーが史上21人目の完全試合_速い記録

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MLB_プホルスがエンゼルスと史上2位の金額で10年契約

 2011年12月8日。MLB2011。

 セントルイス・カージナルスからフリーエージェント(FA)となっていたアルバート・プホルスが、ロサンゼルス・エンゼルスと10年総額2億5400万ドルで契約。

 アレックス・ロドリゲスの10年総額2億7500万ドルに次ぐ、金額の多い大型契約。

 Albert PujolsLos Angeles Angelsと10年2億5400万ドルで契約。Alex Rodriguezの10年2億7500万ドル、10年2億5200万ドルに次ぐ、3度目の2億ドル以上の契約。

 Pujolsは、現在、キャリアで、打率.328、445本塁打。長打率は.619という素晴らしい高さ。これは、Babe RuthTed WilliamsLou Gehrigに次ぐ、歴代4位という、過去に遡っても、数少ない記録。Babe RuthTed WilliamsLou Gehrigは、キャリア打率が、.340以上である。Pujolsも、キャリア打率で、.330以上をキープしたいところ。今回のFAの超大物が契約を終えた。

 MLB_2011レギュラーシーズン終了

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MLB_ヤンキース17度目地区V_プホルス3割に復帰

 2011年9月21日。MLB2011。

 ニューヨーク・ヤンキースが、ダブルヘッダーで連勝して、17度目の地区優勝を決めた。ここ17シーズンで16度目のポストシーズン進出を決めた。

 セントルイス・カージナルスのアルバート・プホルスが、打率3割を超えた。前人未到の11年連続3割30本塁打100打点に近づいた。

 New York YankeesTampa Bay Raysにダブルヘッターの連勝して17度目の地区優勝を決定。今季は、Curtis Grandersonが、パワーと走塁、それにチャンスに強く、得点に絡んだシーンが多い、他にもRobinson Canoが打率、打点において、素晴らしい成績を残した。投手では、MLB記録の602セーブをマークしたMariano Rivera、先発のC C Sabathiaが活躍。
 チーム総得点リーグ2位、チーム防御率リーグ3位と、安定感がある。
 17度目の地区優勝とは、1969年以降の成績である(地区制になったのは、1969年から)。

 St. Louis CardinalsAlbert Pujolsがデビュー以来11年連続の3割30本塁打100打点のMLB記録の更新にリーチをかけた感じに。
 9月21日現在、打率.305、36本塁打、97打点。打点で3打点、打率を維持すれば達成となる。得点も101得点で100を超えた。得点に関して、デビュー以来11年間で10度目の100得点を達成(2007年に99得点で達成できなかった)。残り7試合、達成を期待したいところ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MLB_ヤンキース1試合3満塁本塁打の快挙

 2011年8月25日。MLB。

 ニューヨーク・ヤンキースが、1試合で3本の満塁本塁打を記録。ロビンソン・カノ、ラッセル・マーチン、カーチス・グランダーソンの3人で達成。試合も22対9と、打撃戦となった。

 チームで、1試合で3本の満塁本塁打は、MLB史上初の快挙となった。

 New York Yankeesは、Robinson CanoRussell MartinCurtis Grandersonが、それぞれ、満塁本塁打を放った。22得点、21安打、13四死球という、素晴らしい攻撃。

 Martinは、5打数5安打2本塁打6打点と大活躍。Grandersonは、4打数2安打5打点、4得点を記録して、得点部門は独走中。Alex Rodriguezも、久しぶりの2安打。Derek Jeterも3安打と、最近は、固め打ちが多い。

 チームで1試合2満塁本塁打は、1999年の Bernie WilliamsPaul O'Neill以来の快挙となる。

 1試合で5打点以上の選手が3人という記録も、MLB史上6度目の快挙。

 MLB_ジーター3000本安打_史上15人目の1球団で達成

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MLB_アリーグの最多勝争いの3人が揃って勝利投手に

 2011年7月26日。MLB。

 ニューヨーク・ヤンキースのC・C・サバシア、デトロイト・タイガーズのジャスティン・バーランダー、ロサンゼルス・エンゼルスのジェレッド・ウィーバーが揃って勝利して、15勝、14勝、14勝として、リーグの最多勝争いは、かなりハイレベルな記録を期待したい。22、3勝レベルで受賞ならば、申し分ないと思う。

 New York YankeesC.C Sabathiaが、今季15勝目(5敗)。キャリアハイの14奪三振。途中までノーヒットピッチング。今日の7者連続奪三振は、チームでは、1981年のRon Davisの8者連続奪三振以来の快記録。Davisの8者連続奪三振は、アリーグ最多タイ記録として残っている。

 Detroit TigersJustin Verlanderが、今季14勝目(5敗)。チームの大エース。同地区のCleveland IndiansChicago White Soxを突放すチャンスでの勝利は、貢献大。Miguel Cabreraの打撃とVerlanderの投手力が現在首位キープの原動力。

 Los Angeles AngelsJered Weaverが、今季14勝目(4敗)。防御率は1.79でリーグの首位。ここに来て8連勝と絶好調。今季は、6連勝、4連敗、8連勝で、長い連勝連敗の繰り返し。しかし、4連敗の時も、防御率は2.45だったことを考えると、安定感は抜群か。新人の年から、11勝2敗、防御率は2.56と、素晴らしい成績を残している。
 
 今季の最多勝争いはこの3人が本命、サイヤング賞もこの3人が有力と思える。シーズンの終了まで、目が離せない。実績は3投手ともに充分であり、大崩れはしないだろう。ポストシーズンでの快投も期待したいところ。

 MLB_2007_サイヤング賞はサバシア、ピービー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MLB_ジーター3000本安打_史上15人目の1球団で達成

 2011年7月10日。MLB。

 ニューヨーク・ヤンキースのデレク・ジーターは、史上28人目の3000本安打を達成した。ヤンキースでは、初めて。ヤンキースに在籍したことのある選手で、3000本安打達成者は、ウェイド・ボッグス、リッキー・ヘンダーソン、デーブ・ウインフィールドなどがいる。

 1球団で3000本安打を達成したのは、史上15人目(ピート・ローズのように、シンシナティ・レッズで3000本安打以上、フィラデルフィア・フィリーズでも安打を記録した場合も含む)。
 キャリアを通して1球団だけに在籍して達成したは、過去10人。ジーターが、今後他球団に移籍しなければ、史上11人目のキャリアを通して1球団だけに在籍して3000本安打を達成した選手になる(キャップ・アンソンの1875年以前の記録を有効とするなら、過去9人となり、史上10人目となる。)。

 New York YankeesのDerek Jeterが3000本安打を達成。Yankees一筋で3000本安打を達成。史上15人目の1球団で3000本安打を達成したことになる。

 歴代通算安打記録

Pete Rose    4256 
Ty Cobb    4189 
Hank Aaron    3771 
Stan Musial    3630 
Tris Speaker    3514 
Cap Anson    3435  *
Honus Wagner    3420 
Carl Yastrzemski    3419 
Paul Molitor    3319 
Eddie Collins    3315
Willie Mays    3283 
Eddie Murray    3255 
Nap Lajoie    3242 
Cal Ripken    3184 
George Brett    3154 
Paul Waner    3152 
Robin Yount    3142 
Tony Gwynn    3141 
Dave Winfield    3110 
Craig Biggio    3060 
Rickey Henderson    3055 
Rod Carew    3053 
Lou Brock    3023 
Rafael Palmeiro    3020 
Wade Boggs    3010 
Al Kaline    3007 
Derek Jeter    3004 
Roberto Clemente    3000

 *1871年から75年を含む。

 1球団で3000本安打以上(選手名、球団、安打数)

Ty Cobb   Tigers   3901 *
Stan Musial   Cardinals   3630
Hank Aaron   Braves   3600 *
Carl Yastrzemski   Red Sox   3419
Pete Rose   Reds   3358 *
Willie Mays   Giants   3187 *
Cal Ripken   Orioles   3184
George Brett   Royals   3154
Robin Yount   Brewers   3142
Tony Gwynn   Padres   3067
Craig Biggio   Astros   3060
Cap Anson   Colts,White Stockings   3011 *
Al Kaline   Tigers   3007
Derek Jeter   Yankees   3004
Roberto Clemente   Pirates   3000

 *は、この数字の他に、他の球団でも安打を記録している選手。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MLB_主な通算記録歴代TOP20内の現役選手

 2011年7月2日。MLB。

 MLBの主な通算記録で、更新が不可能な金字塔といえるものもあるが、現役選手で、その通算記録の上位選手をピックアップする。2011年7月2日時点。

 <打率> 5000打数以上
 20以内には現役選手はいない。現役最高は、
 24位 Albert Pujols .329
 25位 Ichiro .328

 <安打>
 20以内には現役選手はいない。現役最高は、
 28位 Derek Jeter 2994安打

 <本塁打>
 6位 Alex Rodriguez 626本塁打
 8位 Jim Thome 594本塁打
 他、今季引退した選手では、
 14位 Manny Ramirez 555本塁打

 <打点>
 10位 Alex Rodriguez 1883打点
 他、今季引退した選手では、
 18位 Manny Ramirez 1831打点

 <得点>
 8位 Alex Rodriguez 1808得点

 <盗塁>
 20以内には現役選手はいない。現役最高は、
 29位 Juan Pierre 538盗塁

 <勝利>
 20以内には現役選手はいない。現役最高は、
 Tim Wakefieldの197勝で、100以内に入っていない。

 <奪三振>
 20以内には現役選手はいない。現役最高は、
 35位 Javier Vazquez 2433奪三振

 <セーブ>
 2位 Mariano Rivera 580セーブ
 19位 Francisco Cordero 306セーブ

 投手部門では、金字塔が多いので、セーブなどの成績が、上位にランクされている。特に、完投などは、少なくなってきている。

 MLB_Aロドリゲス_歴代最多の14度目の100打点

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MLB_ベーブ・ルースの偉大さ_1927年

 2011年6月。

 MLB最高のホームランアーティストは、ニューヨーク・ヤンキースのベーブ・ルースだろうか。他の選手と比較して、頭抜けた成績であったこと、それが、一番の理由になるだろうか。

 1927年に、MLB史上初のシーズン60本塁打、この年は、他のチームの本塁打数を超える本塁打を記録している。リーグ2位の本塁打を打ったフィラデルフィア・アスレチックスのチーム本塁打が56本である。いかに、頭抜けた成績であるかが、わかると思われる。
 すでに、1919年に29本塁打、1920年に54本塁打、1921年に59本塁打と、ケタ違いの本塁打数を誇っていて、ホームラン・キングの称号を得ていたのであるが。それ以前の記録を、遥かに塗り替えたことで、すでに、ケタ違いの打者ということがわかると思われる。
 しかし、60本塁打という数字、他のチームの本塁打数を超える本塁打を打った、1927年が、また、特別なすごいシーズンと思われる。

 1927年の記録。New York YankeesBabe Ruthはシーズン60本塁打、当時、MLB記録として燦然と輝く金字塔を打ち立てる。
 アリーグのチーム本塁打は、以下のようになっている。
 New York Yankees 158本
 Philadelphia Athletics 56本
 St. Louis Browns 55本
 Boston Red Sox 28本
 Chicago White Sox 36本
 Cleveland Indians 26本
 Detroit Tigers 51本
 Washington Senators 29本

 Ruthの本塁打が野球界の人気復活に大貢献した、野球の醍醐味を変えたとされている。

 MLB_ベーブ・ルース

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MLB_2010年に達成された快記録

 MLB2010。2010年に達成された快記録。

 シアトル・マリナーズのイチロー選手が、史上初の10年連続200安打。デビュー以来10年の快挙。200安打10シーズンは、ピート・ローズに並ぶ記録。

 オークランド・アスレチックスのダラス・ブレーデンとフィラデルフィア・フィリーズのロイ・ハラデイがパーフェクトゲームを達成。シーズン2度は、近代野球では史上初。近代野球以前の1880年に、パーフェクトゲームを2度達成。

 ノーヒットゲーム(パーフェクトゲームを含む)が5回達成されているが、史上4位タイの記録。シーズン6回が過去に3度ある。

 ボストン・レッドソックスのダニエル・ナーバが、デビュー初打席、初球を満塁本塁打。史上2人目の快挙。

 ニューヨーク・ヤンキースのアレックス・ロドリゲスが、史上初の13年連続30本塁打100打点、史上初の14度目の100打点。

 ニューヨーク・ヤンキースのアンデー・ペティットが、通算240勝138敗で、100以上の貯金。現役ではただ一人、史上26人目の快挙。

 フロリダ・マーリンズのホルヘ・カントゥが、開幕から10試合連続打点のMLB史上初の快挙。

 コロラド・ロッキーズが、チームで11連続安打のMLB史上初の快挙。

 サンディエゴ・パドレスのマット・ステアーズが、21本目の代打本塁打。MLB史上最多記録。

 ミルウォーキー・ブリュワーズのトレバー・ホフマンが、史上初の通算600セーブを達成。

 フロリダ・マーリンズのダン・アグラが、4年連続30本塁打以上。MLBの二塁手としては史上初の快挙。

 など。素晴らしい記録が達成された。

 追記 

 ノーヒットゲーム(パーフェクトゲームを含む)は、ポストシーズンで、Philadelphia PhilliesRoy Halladayが達成しており、シーズン6回となる。

 St. Louis CardinalsAlbert Pujolsが、デビュー以来、10年連続3割30本塁打100打点の新記録。

 MLB関連

 MLB_ボット_チームで12度目のMVP

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧